カナダGP

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

上位を走行しているクルマが、次々とリタイヤする目まぐるしい展開でした。

圧倒的な速さは無かったですが、気がつけばフェラーリが2、3位と表彰台を獲得しました。ルノー、マクラーレンの2強よりもフェラーリが速さを取り戻して、3強になると観ている方は面白いので頑張って欲しいですね。

佐藤琢磨選手は、追突されてミッショントラブルが発生したようですが、ピットでの迅速なパーツ交換作業により、再スタートをする事が出来ましたが、結局はリタイヤに終わってしまいました。でも、B.A.R Hondaのマシン自体は、速さを取り戻しているようですので、次のアメリカGPが楽しみですね。

【PR】 スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!