アメリカGP

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ミシュランタイヤに不具合があったということで色々と協議をしたようですが、ミシュランタイヤを使用するチームが納得する結果にならず、7チーム14台が決勝レースを走らずリタイヤすると言う前代未聞のレースになってしまいました。

FIAが頑なにレギュレーションを遵守した事はある意味正しい事だと思いますが、レース場へ観戦しに来た観客やテレビで観戦している人々、レースを支えているスポンサーの事を考えると、少しは妥協しても良かったのではないかと思います。

ペナルティを受けるのはしようが無いと割り切り、レース中に問題の無いタイヤに交換しても良かったのでは?。

タイヤ交換をすると1分加算されるので、ミシュランタイヤを装着しているクルマが優勝できる可能性は低くなってしまいますが、ブリヂストンを装着して優勝する可能性の高いフェラーリの2台がリタイヤする可能性もゼロでは無いと思いますし・・・。

それとも、全く同じスペックのタイヤに交換しないといけないと、レギュレーションで決まっているのかな?。

【PR】 スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!