Visio 2010

MicrosoftのボリュームライセンスセンターでダウンロードできるVisio 2010は、Premiumのキーが埋め込まれているので、Standardを複数のPCにインストールしようとすると、ちょっと面倒なことになります。

イントラネットにKMSサーバを構築している場合、StandardのKMSキーをOCTで設定しておけばインストール後の手間が省けると思います。

以下、インストールまでの手順になります。

  1. ダウンロードしたisoファイルにすぐにアクセスできるように、仮想CD(DVD)ユーティリティをインストールしておきます。
  2. isoファイルを仮想ドライブへマウントします。
  3. コマンドプロンプトを開き、下記コマンドを実行します。(仮想ドライブがRドライブと想定)
    R:¥setup.exe /admin
  4. 使用許諾契約とユーザーインターフェイスをクリックし、別のプロダクトキーを入力するを選択します。
    OCT_VISIO.png
  5. プロダクトキーにVisio 2010 StandardのKMSキーを入力します。
    Professionalの場合は、それ用のKMSキーを入力します。
    KMSキーは、Office 2010 KMS クライアントキーを参照。
  6. ファイル→名前を付けて保存で適当な名前を付けてMSPファイルを保存します。
  • ファイルサーバーなどの共有フォルダからインストールする場合
    CDの中身をコピーした後、MSPファイルをUpdateフォルダにコピーします。
    setup.exeをダブルクリックするとインストーラーが起動しますので、メッセージに従ってインストールします。
  • CDからインストールする場合
    適当なフォルダにCDの中身をコピーした後、MSPファイルをUpdateフォルダにコピーします。
    そのフォルダ内のフォルダやファイルを全てCD-Rに焼けば完成です。
    CDをドライブへ入れると、autorunでsetup.exeを実行すればインストーラーが起動します。autorunを無効にしている場合は、setup.exeをダブルクリックして実行する必要があります。
【PR】 スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!