OutlookとWindows LiveとIS12T

Outlook 2010では、「メール」「予定表」「連絡先」「タスク」「メモ」が管理できます。

Windows Liveでは、「メール」「カレンダー」「アドレス帳」「タスク」が管理できます。

IS12Tでは、「メール」「カレンダー」「アドレス帳」「タスク」が管理できます。

 

「タスク」は、Outlook 2010とWindows Liveで互換性が無いため、ローカルPCでしか管理できません。

「メモ」は、Windows LiveとIS12Tにはその機能がありません。

ということで、Outlook 2010とIS12Tを使っていると、同期が取れないデータが出てきます。

この使い勝手が悪い状況をどうにかするには、Exchangeを使うしかないのかな?。こちらの個人で利用できるExchangeを試用してみています。

「メモ」のデータは、OneNoteに移行してSkyDriveへ保存するのが手っ取り早い?。

 

Outlook 2010でWindows Liveの予定表やアドレス帳を編集したりできますが、あくまでも保存されるのはWindows Liveであり、OutlookとWindows Liveのデータを同期する機能は無いので、データの二重管理という状況に陥ります。

予定表などのデータは、Windows Live上でのみ管理する方法に変更するのがベストな選択なんでしょうか?。でも、IS02TにSIMカード差し替えて使うような事になった場合、同期が面倒なことになりますね・・・(汗)。

試用しているExchangeの使い勝手は悪くないと思いますが、お金を払ってまで使うのはどうなの?って気もします・・・。

Windows Phoneの仕様変更に、こんなに悩まされるとは思ってもみなかったです。

【PR】 スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!