インプレッサ(GDBF)のブレンボキャリパーをオーバーホール

インプレッサ(GDBF)のブレンボキャリパー(フロント)をオーバーホールする際に使用する物や手順のまとめ。

使用した物

  • 電動式空気入れ
  • 通常使用しているブレーキフルード
    BILLION SUPER BRAKE FLUID
  • ブレーキクリーナー(パーツクリーナー)
    容量が800mlぐらいの大きな物を2、3本。
  • ブレーキピストンプライヤー
  • ブレーキパッドスプレッダー
  • 待ち針
  • シリコングリース
  • ブレンボキャリパー用オーバーホールキット(フロント)(型番:26297FE010)
  • ブレーキホース ガスケット(型番:114130151)
  • 安いDOT3のフルード
    キャリパーの洗浄用
  • 廃油受け
    私は一つしか用意しませんでしたが、洗浄用と外したブレーキホースから流出するブレーキフルードを受ける為、二つあった方が良いです。
  • 古新聞
  • 雑巾(ウエス)
  • 使い古しの歯ブラシ

オーバーホールの作業手順

  1. ジャッキアップしてタイヤを外します。
  2. ブレーキパッドを外します。
  3. ブレーキホースをショックアブソーバーに固定しているボルトを外します。
  4. ブレーキホースをブレーキキャリパーに固定しているユニオンボルトを手で回せるぐらいまで緩めます。
  5. ブレーキキャリパーをハウジングに固定しているボルトを外します。
  6. ユニオンボルトを外して、ブレーキホースを外します。
  7. 電動式の空気入れを使い、ブレーキキャリパーのピストンを抜きます。
    この時、浮き輪やエアマットへ空気を入れる為のアダプタ(黄矢印)を使用します。
    DSC000192.jpg
    ピストンが勢いよく抜けた時に、傷がつかないようにする為に対策をします。
    私の場合、ブレーキパッドスプレッダーを使いましたが、木の板やダンボールなどでも良いようです。
  8. 待ち針(赤矢印)を使って、シールを外します。
    シールの取り外し
  9. フルードやブレーキクリーナーを使い、使い古しの歯ブラシでブレーキキャリパーを洗浄します。
    ブレンボキャリパーを洗浄中
  10. シールにシリコングリスを塗り、キャリパーの溝(黄矢印)に填め込みます。
    DSC00007.jpg
  11. ダストシールをピストンに填め込みます。
    ダストシールの装着
  12. ピストンを傷をつけないように、真っ直ぐキャリパーに入れます。
  13. ブレーキキャリパーをハウジングに取り付けます。
  14. ガスケットを新品に交換して、ブレーキホースをキャリパーに取り付けます。
  15. ブレーキパッドを取り付けます。
  16. フルード交換の要領で、ブリーダープラグから出てくるフルードが綺麗になり、エアが出なくなるまでやります。

ブレンボキャリパー用オーバーホールキットに付属の説明書に、キャリパーのオーバーホール手順が載っていますので、そちらも参考に作業すると良いと思います。

作業後は、きちんとブレーキが効くか確認しましょう。

試走後、ブリーダープラグからフルードが漏れていないか確認しましょう。

間違いや漏れがあれば、コメントで指摘してくださいm(__)m。