Projectμ SCR-PROのディスク交換

インプレッサ(GDBF)で使っているブレーキローター(Projectμ SCR-PRO)のディスク交換をしました。

DSC00009.jpg

ベルハウジングとディスクを固定しているボルトは、頭の部分が六角の穴になっているのでヘキサゴンレンチ(5mm)で外せます。

でも、トルクレンチで本締めをしないといけないので、ヘキサゴンビットソケット(ソケットタイプ)の物を購入しました。

私の場合、何もしなくてもすんなり外れましたが、長期間使用していた場合、焼きついたり錆びついたりして固着していることがあるようです。

お友達のお友達は、ボルトをなめてしまったそうです・・・(‥;)。

そんなにきつく締まっているボルトではいないので、なかなか外れそうに無かったら、KURE 5-56をいっぱい掛けてから外したほうが良いと思います。

DSC00016.jpg

ボルトを全部外して分解した後は、台所用クレンザーとナイロンたわしを使い、ベルハウジングを綺麗にしました。

ナックルと接ししている部分が茶色っぽくなっていますが、これはナックルの錆がついてしまっているんだと思います・・・。

汚れが気になるとか、緑色が気に入らないという方は、外したベルハウジングを加工屋さんへ持っていけば、アルマイトの再処理をしてもらいましょう。

どうせすぐに汚れちゃうので、私はこのままで良いです・・・(^^ゞ。

この後、お友達に借りたトルクレンチを使い、組み立て作業を行ないました。

ボルトは1.2kg-mのトルクで締めるのですが、足などでディスクを押さえるだけで出来ましたので、万力などのような固定するための道具は不要でした。

1.2kg-mのトルクだと、「本当にこんなもので良いのか?」とちょっと不安になります(^^;。

DSC00042.jpg

ローター交換作業は、諸事情により平日の夜に敢行しました・・・。

当然ですが、とても寒かったです・・・(‥;)。

というわけで、交換中の写真は無くて、一気に交換後の写真になります。

そういえば、最初に買った時のディスクはアルマイト処理みたいな感じだったのですが、今回の補修用ディスクは塗料を使って塗ったような感じで、表面がツルツルしていました。

錆止め剤みたいなものかもしれませんが、詳しいことは良くわかりません(^^;;。

今回、補修用ディスクが来るまでだいぶ日にちが掛かりましたので、次回はもっと余裕を持って注文したいと思います。