オルタネータ

DSC04675.jpg

インプレッサ用大容量オルタネータが販売されているのは知っていましたが、TRIALで1ZZ&2ZZエンジン用の大容量オルタネータが開発されているようです(TRIALのサイトには、まだ商品情報はありませんでした)。今後、色々な車種用のオルタネータが販売されるようになり、大容量オルターネータが定番化されるのでしょうか?。

交換しようという気は無いのですが(^^;;、気になったのでちょっと調べてみることにしました。

インプレッサ用大容量オルタネータ

ピットイン千葉の物は、対応車種がEJ20全車になっていますが、HKSテクニカルファクトリーの物は、対応車種がGDB(A) D型までのようです。容量や価格が同じなので、もしかして中身は同じ物?。

オルタネータ(純正部品)

  • GDBA~E
    部品番号:23700AA420
    価格:¥61,500
  • GDBF~G
    部品番号:23700AA540
    価格:¥65,000

純正オルタネータの型番がF型から変わっているので、何が変わっているのか知りたかったので、検索サイトで色々と検索したり、製造元の三菱電機のサイトを検索しても、有用な情報は見つかりませんでした。もしかして、容量が少し大きくなっていたりして?。ディーラーで整備マニュアルや諸元表を見せもらえば、何が変わったのか分かるかな?。

A~E型で型番が共通ですので、HKSテクニカルファクトリーの物はE型まで使えるのでは?と推測できます。でも、ピットイン千葉の物は全車種になっているので、アプライドは気にせずに使えるのかもしれません。

最初に書いたように、今のところ交換する気は無いので、中途半端な内容ですみません・・・m(__)m。何か分かったら追記しますが、ご存知な方がいらっしゃればコメントを頂ければ・・・と思いますm(__)m。