筑波サーキット(TC1000)(2008年10月3日)

DSC04761.jpg

前回TC1000を走ったのは3月21日なので、半年以上も走っていなかったんですね(^^;;。

おまけにガソリン価格の高騰であまりクルマに乗らなくなってしまったのもあり、走らせ方を忘れてしまっていました・・・。

結果から先に書いてしまうと、ベストタイムは42秒台中盤でした・・・。

丸一日走って、だいぶ感覚が戻ってきてうまく走れるようになった部分もありましたが、まだまだ駄目な部分もありましたので、42秒台中盤というタイムは仕方が無いでしょうね(~_~;)。

お友達のアドバイスもあって、走り方を思い出した部分もあるので、やっぱり人のアドバイスって大切ですね。

tc1000.jpg

2~3コーナーへの進入は、だいぶ思い出してきて良い感じで走れるようになりましたが、4コーナーのクリップにうまくつけられないことが度々ありました。

5コーナーへの進入は、もう少しアウト側から入ってコース幅をもっと有効に使った方が良いようです。(お友達のアドバイス)

7~9コーナーは、うまくフロント荷重をかけられず、アンダーに苦しみました(^^;;。

12~13コーナーでは、コース幅をちゃんと使ってコーナリング出来たり出来なかったりしました。荷重のかけ方とかアクセルを開けるタイミングとかすっかり忘れてしまっていました・・・(^^;;。

p5.jpg

一応、車載映像をアップしておきます・・・。

【車載映像】2008-10-03_TC1000.wmv

翌日、ブレーキフルードのエア抜きをしていて、フロントのピロアッパーの調整位置がだいぶ違うことが気になったので、よくよく見てみたら純正のキャンバー調整用カムボルトの位置が左右で180度逆になっていました(*_*;。

右は限界までネガティブで、左は限界までポジティブという感じで、自分ではいじっていないので、車検の時にいじられてしまったようです。

車検後のアライメント調整では、アッパー側で調整してもらったので、調整位置がだいぶ違うという結果になったようです。

カムボルトの位置を左右で同じにして、ピロアッパーの調整位置を同じぐらいにしてみたら、変にハンドルを取られる症状が軽減しました(^^;。ハンドルのセンターも狂っていないので、この状態でしばらく様子を見ることにしました。

TC1000で右コーナーが特にうまく走れなかったのは、この事が影響していたのかもしれません・・・。