PROVA Sports intake air-filter P2

VAB_048.jpg

エアフィルター(エアクリーナーエレメント)をARAI motorsports RQA エアーフィルターⅠからPROVA Sports intake air-filter P2 (52000SP0011)へ交換しました。

PROVAのエアフィルターの方が、フレームが少しだけ柔らかいので、エアクリーナーBOXに入れた時の気密性が高いように思えます。

WRX STI (VAB)用オーリンズについて

VAB_043.jpg

WRX STI(VAB)用オーリンズ製の車高調整式ショックアブソーバーには、所謂吊るしと言われる物があります。その他にPROVAでリセッティング(仕様変更)された物もあります。

PROVAの物は、スプリングがHYPERCOになっているのは、製品の説明を見るとすぐにわかるのですが、ショックアブソーバーの仕様がどのようになっているのか、その点がよくわからないので疑問に思っていました。イベントでPROVAの吉田氏と少し話せる機会があったので、疑問に思っていたことを質問してみました。

WRX STIのエアコンフィルター交換

VAB_044.jpg

エアコン用のフィルターを交換しました。使用したフィルターは、DENSO製(型番:DCC5005/品番:014535-2210)です。

交換作業は、取扱説明書(7-16)を参照して行ないました。作業内容は、簡単ですのでAmazon等でフィルターを購入し、自分で交換するのがお奨めです。

WRX STIのフロントワイパーのゴムを交換

フロントワイパーの拭きムラがでるようになったので、ゴムを新品に交換しました。

替えゴムは色々な物が販売されていますが、敢えてディーラーで純正品を購入してきました。金属製の芯みたいな物は、フロントガラスに合うように湾曲しています。

VAB_041.jpg

  • 運転席側(RUBBER 650 RHD 86548AJ000) ¥1,134
  • 助手席側(RUBBER 400 UNI 86548FJ180) ¥853

WRX STIで「つまごいパノラマライン」をドライブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

VAB_040.jpg

台風が過ぎ去った翌日の日曜日、お天気が良かったので、群馬県まで足を延ばして「つまごいパノラマライン」をドライブしてきました。

北ルートは、峠道が多いようで木々に遮られて景色を楽しめる所が少なめに感じました。でも、そういう所を抜けて、視界が開ける瞬間があり、そういう部分では楽しめました。

Coto sports 純正加工強化ブローオフバルブ

VAB_038.jpg

Coto sports 純正加工強化ブローオフバルブ(BOV-S03)を取り付けています。このパーツに交換することにより、低中回転域からブーストがきちんと掛かるようになるので、トルクが出るようになって乗りやすくなります。

GDBに乗っている時にも使用していましたが、このパーツが原因でトラブルは発生しなかったので、VABにも取り付けてみました。

交換作業は、そんなに難しくないのでDIYでも可能ですが、購入したコクピット戸塚で工賃¥1000だったので交換してもらいました。ホースの取り外しと固定が、難しくはないけど手間がかかるので、ブローオフの交換に慣れているお店で工賃が安ければ、依頼するのもありだと思います。

大気開放できるブローオフバルブもありますが、大気開放することでトラブルが発生する可能性がありますので、あまりお奨めできません。

WRX STIで箱根をドライブ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

VAB_039.jpg

天気が良かったので、箱根をドライブしてきましたが、大観山は霧が出てました。涼しくて良かったのですが、良い景色を見れなかったのは残念でした。

程ほどのペースで峠を流してきたのですが、それなりに楽しい時間を過ごすことが出来ました。

純正のKYB製ショックアブソーバーに不満な点もありますが、特性を理解すればそれなりに楽しめると思います。ビルシュタイン製のショックアブソーバーの方が乗り心地重視なのか、KYB製のよりも乗り心地は良いそうです。

HKS Flash Editor

VAB_037.jpg

実は、HKS Flash Editorをだいぶ前に購入して使用してます。

ショップでECUを書き換えてもらう事も考えていましたが、色々と考えた結果、購入することに決めました。

Pioneer AVIC-CZ900に通信モジュール(ND-DC2)を取り付け

pioneer_01.jpg

iPhoneの「インターネット共有」機能を使ってスマートループを使用していました。所謂テザリングです。しかし、Wi-FiでカーナビとiPhoneの自動接続が正常に出来ない状態でした。カーナビ起動後に、iPhoneの設定画面で「インターネット共有」をOff/Onすると接続出来るという面倒な手順が必要な状況でした。
Bluetoothを有効にすると自動接続出来ますが、事情によりBluetoothでの「インターネット共有」を使用できないのです。

というわけで、通信モジュール(ND-DC2)を購入して使用することにしました。

近所のカー用品に行ったら定価での販売だったので、最安値のAmazonで購入しました。

CUSCO アジャストナンバーステー

VAB_034.jpg

CUSCOのアジャストナンバーステー(HIGHT ADJUSTABLE LICENSE PLATE STAY / 商品コード:00B 550 AL)を取り付けてみました。

少しでも走行風が入りやすくなれば、水温や吸気温度が下がるかもしれないという期待を込めて取り付けてみました。
また、インターネットで見た何かの動画でだったと思うのですが、速度が上がると車体上部よりも下部からの方が空気が入りやすくなるというのを観て知ったからです。