ARAI motorsports RQA エアーフィルターⅠ

RQA001AMS001.jpg

ブログにアップしていませんでしたが、慣らし中にエアクリーナーエレメントをARAI motorsports RQA エアーフィルターⅠ(RQA001AMS001)へ交換していました。

交換して、「少しアクセルをレスポンスが良くなったかな?」と感じましたが、運転しているうちに慣れてしまいました(^^;。剥き出しタイプの物に交換したという事であれば、大きな違いがあるのでそうはならないですが、純正形状の物では、すぐに慣れてしまうのは仕方ないというか、普通の事だと思います(・・;)。

少しブーストを掛けてシフトアップした時に、ブローオフバルブの吹き返し音(パシューという音)が聞こえると、エアクリーナエレメントを交換してる事を思い出させてくれますね。

燃費については、社外品に交換しても特に大きな変化はありません。アクセルの踏み方、運転の仕方次第だと思っています。

16546AA120.jpg

約1,000㎞使用した純正のエアクリーナエレメントです。都内を走る事が多いので、比較的汚れやすい使用状況だと思います。今の時季は、枯れ枝とか枯れ葉が入ってきてしまうのは、普通だと思っています。

エアクリーナエレメントの交換方法は、それ程難しくはありませんでした。

VAB_022.jpg

上の写真はインテークダクトを既に外した状態です。

  1. ホースバンド(青丸で囲った部分)を緩め、インテークパイプに繋がっているホースを外します。※インテークパイプ側は固定したままです。
  2. エアフロセンサーのカプラー(赤丸で囲った部分)を外します。
  3. フック(黄丸で囲った部分)を外します。

1の手順は不要かもしれませんが、外してしまった方が、エアクリーナエレメントを取り出したり、装着するスペースが出来て楽に出来ます。

元の状態に戻す場合、下側にある差し込み部分と穴がきちんと嵌っているか、BOXの合わせ面がきちんと合っているかを確認した方が良いです。また、ホースバンドの締め忘れやカプラーの戻し忘れにも気を付けましょう。作業後にアイドリングが不安定になったら、これらの部分を再点検すれば原因が判明すると思います。