Les Pléiades 10W50

VAB_023.jpg

走行距離が3,000㎞を超えて慣らしも終了という事で、エンジンオイルをLes Pléiades 10W50に交換してもらいました。1ヶ月点検の時には、オイルフィルターを交換していなかったので、純正部品で交換してもらいました。

交換してもらったのは、東京スバルのディーラーです。作業を待合室から見ていましたが、作業者がドレンボルトやフィルターを占めた後などに、他のメカニックも確認するというダブルチェックをしていました。

「まだ気温が低い時季なので少し硬いかな?」
という感じもしますし、燃費面でも少し不利な気もしますが、エンジンを回した時には、SUBARU LES PLÉIADES ZERO 0W-30よりも良い感じです。オイルが硬くなったと目で見てわかるのは、冷間時のアイドリングが約300rpm低くなったことです。

Les Pléiades 10W50は、GDBのインプレッサ WRX STIに乗っていた時にも使っていて、サーキット走行をするようなハードな状況でも問題なかったので、
「社外のエンジンオイルをどれにするか悩んだり、迷って入れる必要性は無いかな」
と個人的には思います。

オイルフィルターも純正部品か、同等品を今まで使ってきて問題が起きたことが無いので、高性能を謳っている高価な物にする必要性は無いように思います。

ディーラーで交換する場合、様々な作業をしている為、予約をせずにお店にふらっと行って、すぐに交換という事が難しいですね。マイスバルというアプリから、作業予約をする事が可能ですが、ディーラーに電話して予約をした方が早いですね。