タグ「Exchange」が付けられているもの

nexus7でOffice 365を利用する

nexus7でOffice 365(Exchange)を利用できるように設定しました。

http://help.outlook.com/ja-jp/140/dd936215.aspxを参照して手順通りに設定すれば、利用可能になります。

但し、「サーバー設定」にある「ドメイン\ユーザー名」の入力欄で桁数が足りず、スクロールもしないので、入力した文字が正しいか確認ができません。スクロールしないのは、仕様?バグ?。

Office365-20130120.png

私の場合、パソコンでOneNoteに入力し、nexus7のOneNoteアプリ経由でコピー、貼り付けという手順を踏みました。既にセットアップ済みのメールアカウントがあれば、メール経由でコピーという手順でも良いと思います。

URBANO AFFARE のメール着信履歴

URBANO AFFAREでメール着信履歴を見た時に、9時間ずれて表示されるケースがあります。

Exchange Server 2010から送信されたメールが該当するので、Exchange Server 2010 から送信した外部へのメッセージの Date フィールドが +0000 で表記される事が影響しているようです。

メールの受信ボックスを表示させた場合は、時刻がきちんと表示されるので、着信履歴ではDateにある時刻をそのまま表示させているようです。

auのお客様センターに電話し、URBANO AFFARE担当と話をさせていただきました結果、

  • そういった問い合わせは、今までにない。
  • 現状、仕様としてどうすることもできない。

という事でした。

とりあえず、こういった事象があるという事を報告してくれるそうなので、そのうち修正されてくれると良いのですが・・・。

Office 365もExchange Server 2010を使用しているので、今回の現象が発生します。

【Outlook 2010】 削除済みアイテムを復元する

Outlook 2010でMicrosoft Exchangeサーバーに接続して使用している場合、削除済みのアイテムを復元することができます。

私が使用しているOffice 365もMicrosoft Exchangeサーバーですので、この機能が利用可能です。Exchangeでのデフォルト設定では、削除してから14日間のアイテムが復元可能です。

なお、Exchangeサーバー側で機能が無効になっていると復元不可能です。

アイルのExchangeサービス解約のメモ

アイルのExchangeサービス解約しようとして、ちょっとした問題が発生。

  1. 2/29 オプションの解約をキャンセルしてから、プランの解約をするような指示があり。
  2. 2/29 オプションの解約をキャンセルできず。
  3. 2/29 アイル側でのプランの解約手続きを依頼。
  4. 3/1 「利用代金請求」のメールあり。
  5. 3/1 「クレジットカード決済完了のお知らせ」メールあり。
  6. 3/1 「サービス解約の代行申込み手続き」完了のメールあり。「アカウントマネージャーへログインし、解約申込み内容をご確認のうえ、必ず承認の手続きを行ってください。」という指示に従うが、承認のリンクやボタンが見当たらないので、メールで問い合わせ。

さて、週末の休みまでにちゃんと解約できるんでしょうか・・・。

2のところで解約できていれば、本日の請求(決済) は無かった?。

アイルのExchangeサービスからMicrosoft Office 365へ移行

アイルのExchangeサービス(月額890円)を使っていましたが、Microsoft Office 365(月額600円)の方が安いし、何となくOffice 365の方が安定していそうなので、移行することにしました。

アイルの方を解約しようとしたら、オンラインでは解約できず、「サービス解約申込書」をFAXで送らないといけないようです・・・。申し込みはオンラインで出来るんだから、解約もオンラインで簡単に済ませたいです(汗)。

文句を言ってもしようがないので、さっさと解約申込書をFAXで送付することにします。

Microsoft Office 365を既に利用していて、データの移行も完了しています。

データの移行方法は、OutlookにOffice 365のアカウントを追加して、アイルのExchange上にあるメールや予定、連絡先、タスクを順番にドラッグ&ドロップで移動して終わりです。

OutlookでExchangeのアカウントを削除する為、プロファイルを再作成しました。

それから、au IS12Tに設定しているExchangeのアカウントを削除して、Office 365のアカウントを追加して、移行作業は完了です。

【au IS12T】リセット

昨晩、IS12TでSkyDriveにアクセスすると、エラーが発生してアクセスできなくなりました。

原因がよくわからず、復旧方法がわからなかったので、とりあえずリセットをしてみました(汗)。

リセットして、Hotmailのアカウントを設定し、Exchangeの設定をしたら、予定とかアドレスが使えるようになったので、普通に使う分には困らない程度になるまで、30分もかからなかったと思います。

音楽を聴けないのは寂しいのでZuneに接続し同期。

とりあえず、必要かな?というEメールなどのアプリケーションを再インストールして、そこそこ使えるようになるまで1時間ぐらいかかったかな?。
アプリの再インストールは、Windows Phoneにサインインして、アカウントから再インストールしました。何となく覚えていたから良かったけど、知らなかったらかなり戸惑っていたと思います。

カメラで撮った写真は、IS12Tからはすっかり消えましたが、SkyDriveに自動アップロードする設定にしていたので、こちらも困ることは無かったです。

エラーが出ていたSkyDriveには、正常にアクセスできるようになりました。SkyDriveにアクセスできないと、勤務時間を記入しているExcelファイルを参照、更新できないので、ちょっと面倒なことになりますので、これで一安心です・・・(^^;。

個人向けExchange

IS12TとOutlook 2010でスケジュールやアドレスの同期をする為、個人向けExchangeサービスを利用しています。

Windows Liveだと無料で利用できますが、どうしても使い勝手が悪いと感じた為ですが、特に不便に感じていない人はWindows Liveを使い続けるのが良いと思います。

個人で利用できるExchangeですが、あまり選択肢が無くて、

ぐらいだと思います。

海外の4SmartPhoneだと何かあった時に、英語でサポートに問い合わせをするのは大変なので、アイルのExhangeサービスを使っています。

国内にあるサーバーなので、Outlookからアクセスする際のレスポンスも普通なので、ストレスなく使用出来ています。当初、サポートに質問した時の対応が?でしたので、あまり期待できないかも?という気がしていますが・・・。

ExchangeだとWindows Phoneだけでなく、iPhoneやAndroidの携帯端末との同期も可能みたいですので、そっちのスマートフォンに変更してもデータの同期に関しての心配は無さそうです。iPhoneやAndroidに移行する可能性は、限りなくゼロに近いですが・・・(汗)。

あと、出先のPCでOWAという機能を使ってExchangeのデータを参照することも可能です。
参考URL:http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/aa998629.aspx