タグ「MTOS」が付けられているもの

mixiComment

シックス・アパートが、Movable Typeを「mixi OpenID」に対応ということなので、プラグイン「mixiComment」をインストールしてみました。

サインイン→mixi OpenIDで認証→コメント投稿という流れになります。こういうのに慣れていない方は、ちょっと戸惑うかもしれませんね(^^;;。

mixi OpenIDの設定は、mixiへログイン→設定変更→mixi OpenIDの変更ページへのリンクと辿っていくと出来ます。

どんな感じなのか試してみたい方は、コメントしてみてください(^^)。

フォトギャラリー

MTOS 4.2 RC4でプラグインを使わずに、デフォルトのタグや機能でフォトギャラリーみたいなものを作成してみました。

ウェブページのテンプレートを下記のように修正します。

                                <div class="asset-content">
<mt:If tag="PageBody">
                                    <div class="asset-body">
                                        <$mt:PageBody mteval="1"$>
                                    </div>
</mt:If>
<mt:If tag="PageMore">
                                    <div id="more" class="asset-more">
                                        <$mt:PageMore mteval="1"$>
                                    </div>
</mt:If>
                                </div>

mtevalモディファイアを追加することで、ウェブページ内でMovable Typeタグが展開されるようになります。

ウェブページを新規作成し、本文もしくは追記に下記のようなタグを入力します。

<MTAssets type="image" lastn="20">
<a class="asset-image thickbox" rel="photo_gallery" title="<$MTAssetDescription$>" href="<$MTAssetURL$>"><img src="<$MTAssetThumbnailURL height="120"$>" class="asset-img-thumb" alt="<$MTAssetLabel$>" title="<$MTAssetDescription$>" /></a>
</MTAssets>

MTAssetsタグにtagモディファイアを追加すれば、画像に設定されいるタグで表示する画像を絞り込むことが可能です。ダイナミックではtagモディファイアは使えません。

オリジナル画像の表示にThickboxを使わない場合は、<a></a>内にあるclass="asset-image thickbox" rel="photo_gallery"を削除します。ThickboxではなくLiteboxを使いたい場合は、rel="lightbox[photo_gallery]"に修正すれば良いと思います。

ウェブページの公開方法をスタティックにしていると、画像を追加してもフォトギャラリーは更新されませんので、随時保存し直して再構築する必要があります。公開方法をダイナミックに変更すれば、画像を追加すれば自動的に更新されますので、手間を考えればダイナミックをお勧めします。

MTOS 4.2 RC4

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

MTOS 4.2 RC4が公開されたので、ダウンロードしてMTOS 4.2 RC3からアップデートしてみました。

StyleCatcherでスタイルを変更するとスタイルシート(styles.css)が変更されますが、その際にurlが変になってしまいます。具体的には、下記のように/が一つ削除されてしまいますので、スタイルシートのインポートに失敗してしまいます。

@import url(http:/www.ti-web.net/mt-static/themes-base/blog.css);

もう一つ不具合らしきものがありそうです。run-periodic-tasksで再構築する時に、

Can't locate object method "configure" via package "MT::ObjectDriverFactory" at lib/MT.pm line 1016.

というエラーメッセージが表示されました。実害は今のところ無さそうですが、エラーメッセージは気持ちの良いものではありませんね・・・(^^;;。

OpenSearchへの対応

2008-07-10_1.png

OpenSearchに対応しているInternet Explorer 7でサイトを見ていると、画像のように検索オプションボタンの色がオレンジ色に変わることがあります。Firefox 2.0以上のバージョンでも同様に、検索オプションのボタンが変わることがあります。

参照:OpenSearch とは

Movable Type 3.3以降で検索結果のテンプレートがOpenSearchに対応しているようですが、完全に対応しているとは言えないようですので、調べたり試行錯誤したりして対応させてみました。

Widget: 最近のトラックバック

MTOS 4.2 RC2で最近のトラックバックを表示するwidgetを作成してみました。

<MTIf name="main_index">
<MTIfNonZero tag="MTBlogPingCount">
    <MTPings lastn="5">
        <MTPingsHeader>
<div class="widget-recent-entries widget-archives widget">
    <h3 class="widget-header">最近のトラックバック</h3>
    <div class="widget-content">
        <ul class="widget-list">
        </MTPingsHeader>
        <MTPingEntry>
            <li  class="widget-list-item">From <a href="<$MTPingURL$>"><$MTPingTitle$></a> To <a href="<$MTEntryLink$>#trackbacks"><$MTEntryTitle$></a></li>
        </MTPingEntry>
        <MTPingsFooter>
        </ul>
    </div>
</div>
        </MTPingsFooter>
    </MTPings>
</MTIfNonZero>
</MTIf>

コメントの場合、<MTEntries>タグのrecently_commented_onモディファイアを使えばエントリー毎にまとめることが出来ますが、トラックバックにはそのようなモディファイアが無いので、Movable Type標準のタグだけでは、まとめて表示するのは難しそうです・・・。

コメントを見やすく表示する

MTOS 4.2 RC2をインストールしてお試し中です。

MTOS 4.2では、コメントの返信機能が使えるようになっているのですが、テンプレートの表示では返信機能が生かされていないようです・・・。

コメントの返信も簡単に表示も解りやすく | MovableType.jpを参考にして、コメントのテンプレートを修正して入れ子に表示できるようにしてみました。

Movable Type 4.1からMTOS 4.1へ移行

今までMovable Type 4.1(個人ライセンス)を使っていましたが、Movable Typeのオープンソース版であるMTOS 4.1へ移行しました。

移行する方法や手順を探しましたが、これといった情報が無かったので、ファイルの入れ替えをしてみました。とりあえず、不具合は見当たらないので大丈夫みたいです・・・。

  1. MySQLのデータベース(MT)を新しいデータベース(MTOS)へコピー。
  2. MTOSのファイルを新しいディレクトリ(MTOS)へアップロード。
  3. MTで使っていたmt-config.cgiのデータベース名をMTOSに変更し、MTOSのディレクトリにコピー。
  4. ディレクトリ名(MTOS)をMTに変更。
  5. mt.cgiにアクセスしてエラーが無いか確認。

このような流れで移行しました。