タグ「SP2」が付けられているもの

Office 2010 SP2 のメモ

Office 2010 SP2のインストーラーパッケージをhttp://support.microsoft.com/kb/2687455/jaからダウンロード。

32Bit版の場合、officesp2010-kb2687455-fullfile-x86-ja-jp.exeをダウンロードします。このexeファイルを実行すれば、SP2がインストールされます。

Office 2010のインストールDVDにSP2を統合するには、以下のような作業を実施すれば可能です。

  1. Office 2010インストールDVDをコピーします。(例:E:¥office2010にコピー)
  2. officesp2010-kb2687455-fullfile-x86-ja-jp.exeをE:¥に保存(コピー)します。
  3. SP2のインストーラーパッケージを解凍するフォルダを作成します。(例:E:¥office2010sp2)
  4. コマンドプロンプトを開き、カレントディレクトリをE:¥に変更します。
  5. 以下のコマンドを実行します。
    officesp2010-kb2687455-fullfile-x86-ja-jp.exe /extract:e:¥office2010sp2
  6. e:¥office2010sp2内の全ファイルをE:¥office2010¥Updatesフォルダにコピーします。
  7. E:¥office2010をDVDに焼くか、ネットワークの共有フォルダーなどに保存します。

Office 2010 SP2がリリースされたようです

Office 2013が出ているせいでしょうか、Office 2010 SP2が公開されても話題にはならないようです・・・。

http://support.microsoft.com/kb/2687455

一応、窓の杜では取り上げられているようですが・・・。

http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130724_608831.html

SP2がリリースされたら、SP1のサポートが1年後に切れますので、企業のIT担当の皆さん、アップデートの準備をしておきましょう。

私にも、Office 2010 SP2展開のお仕事が、まわってくるんだろうなぁ・・・(^^;。

Microsoft Windows Rights Management Services クライアント Service Pack 2 -x86

Microsoft Windows Rights Management Services クライアント Service Pack 2 -x86をコマンドラインでサイレントインストールしようとしたのですが、コマンドラインのオプションスイッチが無いようです。

まずは、圧縮解凍ソフトでWindowsRightsManagementServicesSP2-KB917275-Client-JPN-x86.exeを解凍してみました。

そうすると、msdrmclient.msiとrmclientbackcompat.msiの二つのインストーラーが見つかりました。両方インストールすれば良さそうな気がしますが、よくわからないのでファイル名で検索してみました。

こちらのページを見ると、両方インストールしなさいと記載されています。

ということで、msiexeコマンドを使ってサイレントインストールができそうです。

セキュリティ更新プログラム(MS10-007)

セキュリティ更新プログラム(MS10-007)で原因不明の現象が発生中です。

  • Windows XP SP2のPCでMicrosoft Updateへ接続すると、MS10-007(KB975713)がリストに表示されません。Windows XP SP3のPCでは、Microsoft Updateでリストに表示されるので、問題無くダウンロードしてインストール可能です。
  • WSUSサーバ上のレポートによると、KB975713は必要な更新プログラムとなっています。
  • マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-007からダウンロードした、更新プログラム(WindowsXP-KB975713-x86-JPN.exe)を実行するとエラーも発生せずに正常にインストールされます。

Microsoft Updateのデータベース?に不具合がある?。

金曜日に解決できれば良いんですが・・・。

Windows Vista SP2インストール時にエラーが発生

Windows Vista SP2(KB948465)をインストールする時に、エラーコード(0x80070057)が発生して失敗してしまいました。

原因を調べた結果、vista SP2インストール時にエラー: ERROR_INVALID_PARAMETER(0x80070057)のページにたどり着きました。

修正プログラム(KB972036)がインストールされてると、今回のエラーが発生するとのこと。

KB972036.png

KB972036をアンインストールし、SP2のインストールをしたら問題なく完了しました。

WSUS 3.0 SP2

WSUS 3.0 SP2が公開されました。

ダウンロードは、Windows Server Update Services 3.0 SP2(英語)のページから可能です。

日本語での説明は、Windows Server Update Services 3. 0 Service Pack 2 の説明のページにあります。

Windows Server 2008 R2とWindows 7の組み合わせだと、Windows Server 2008 R2 の BranchCache機能が使用できるようですね。BranchCacheが使えると、回線が細い拠点へもファイルサイズが大きなService Packが配信できるようになるかもしれません。

私が仕事で担当しているWSUSサーバーは、Windows Server 2003とWSUS 3.0 SP1の組み合わせに更新したばかりで、SP1のサポート切れまでサーバーのリプレイスはしないと思います。仕事が暇になり、テスト環境でWindows Server 2008の構築でもしたら、BranchCacheのテストが出来るかも・・・?。

Windows XP SP3をインストール

winxp_sp3.png

Norton 360を最新版にすれば、Windows XP SP3をインストールしても大丈夫みたいなので、Norton 360で更新の確認を実行してプログラムが最新版になっているのを再確認しました。

参考:よくある質問: Norton 360 2.0 をインストールしているコンピュータで Windows XP Service Pack 3 または Windows Vista Service Pack 1 にアップグレードする方法

Windows XP SP2でIE7をインストールして使っていたのですが、このままSP3をインストールするとIE7がアンインストールできなくなるので、お気に入りとフィードのバックアップ(エクスポート)をしてIE7をアンインストールしました。お気に入りとフィードのバックアップをしなくても大丈夫みたいですが、無くなると面倒なので念のためバックアップをしました。

参考:「IE7を削除できなくなる」――Windows XP SP3適用上の注意点:ITpro

その後、Microsoft UpdateにアクセスしてWindows XP SP3をインストールしてから、IE7を再インストールしました。

Windows XP SP3にしてから数日経過しますが、SP3にしたことによる不具合は無いので、このまま使用しても大丈夫そうです。