タグ「ブレーキパッド」が付けられているもの

メンテナンスいろいろ

昨日は仕事が休みだったので、インプレッサのメンテナンスをしました。

ブレーキフードが汚れていたので、手持ちのフルード(500mlぐらい)の分だけ交換。
手持ちの予備が無くなったので、近いうちに平野タイヤへ行ってブレーキフルードを購入予定。

ブレーキパッドを外して見たら、磨材が剥離しかけていたで手持ちの中古パッド(Project μ HC+)へ交換。
高速道路を走行中に発生していた、ハンドルのブレが無くなったので、剥離しかけで引きずっていたようです(^^;。

東京スバルのディーラーへ行って、ミッションオイルとリアデフオイルの交換。
ミッションオイル:¥4,095
リアデフ(LSD)オイル:¥960
工賃:¥4,000
消費税:¥453
合計:¥9,508

昨日、今日と空いた時間でインプレッサのメンテナンスをしました。

昨日は、ちょっとだけ早起きしてブレーキパッドを外して清掃、グリスを塗り塗りしました。

DSC05384.jpg

画像は、清掃前のブレーキキャリパーで、かなり汚れています(汗)。

あと、一人で簡単にエア抜きをしてみました。

高速を走っていないので、ブレーキの引きずりが直っているかどうかの確認は出来ていません。

ブレーキのメンテナンス

今日は、インプレッサのブレーキパッドを外してお掃除。

DSC05103.jpg

軽く掃除して、グリスを塗ってという感じです。

先日、本庄サーキットを走ったので、一人エア抜きで応急措置(^^;。

あと、車高を少し落とす方向で調整してみました・・・。

先週、インプレッサ(GDBF)のブレーキキャリパー(フロント)をオーバーホール(シール交換)しました。

オーバーホール前のブレンボキャリパー

切れ目がたくさんあって酷い状態です(‥;)。

ブレーキパッドを高温度対応の物(CC-R)を使用していたので、その影響かもしれません。あとは、きちんとクーリングをしないといけない再認識しました・・・(汗)。

ENDLESSやProjectμなどの社外品のブレーキキャリパーも、こういう状態になるんでしょうか?。

あと、ブレーキピストンプライヤーの使い方が今回のオーバーホールでわかりました。これを使うときは、始めにダストシールを外してしまうとブレーキピストンを抜くことが比較的容易に出来ました。

前回のオーバーホール時にはそこまで考えがおよびませんでした(^^;。

前後異銘柄ブレーキパッド

DSC01735.jpg

昨年の11月に本庄サーキットを二日続けて走行したので、フロントのブレーキパッド(ENDLESS CC-R)の残量が少なくなってしまいました。サーキット走行の予定も無かったので、保管しておいた使い古しのProjectμ HC+に交換しました。

インプレッサ(GDBF)のメンテナンスしないといけないパーツなどのメモ。

DSC04864.jpg

リア用ブレーキローターの研磨か交換。
写真ではわかりにくいですが、かなり減っていて段差ができている状態です。交換する場合は、エンドレスのCURVING SLITを購入しようかと考え中です。

フロント用ブレーキパッドの購入と交換。
現在、使い古しで予備に持っていたHC+を装着中。銘柄については考え中です。

フロント用キャリパーのオーバーホール。
ダストシールが割れているのを見つけたので、オーバーホールキット(型番:26297FE010)は購入済です。

ENDLESS CC-R

ENDLESS CC-R 前後セット

インプレッサのブレーキパッドをENDLESS CC-Rに交換しました。

交換作業は、ブレーキローターのディスクを交換した時に実施しました。

まだブレーキパッドの焼入れが完了していないので、ブレーキローターが温まってくると、車が壊れるんじゃないかというぐらいジャダーが酷い状態です。

多分、焼入れが完了したらジャダーはおさまってくれると思います。

ENDLESS CC-Rのローター適正温度は、150℃~800℃となっており、ローターが冷えている時のブレーキの効き具合が気になっていましたが、今のような真冬の走り始めはちょっと効きが弱いです。

でも、危険を感じるほどの効きの弱さではないので、その点を気にして乗っていれば大丈夫だと思います。

ENDLESS CC-R
フロント:EP357
リア:EP291

インプレッサ(GDBF)のフロントブレーキローター交換手順

ブレーキパッドを外します。(インプレッサ(GDBF)のブレーキパッド交換方法を参照)

インプレッサ(GDBF)のブレーキキャリパーを固定しているボルト

インプレッサ(GDBF)のブレーキキャリパーを固定しているボルト

ブレーキキャリパーを固定しているボルト(19mm)2本を外します。

ボルトを外すと、ブレーキキャリパーが宙に浮くような感じになりますので、紐などで吊るすか他の方に持っててもらう様にします。

ブレーキキャリパーが外せれば、ローターはボルト等で固定されていないので、そのまますぽっと外す事が出来ます。

熱などで固着している場合、プラスティックハンマーなどで軽く叩くか、サービスホールにボルトを入れて締めこんでいくと外れると思います。

あとは逆の手順で組みつけていきます。

インプレッサ(GDBF)のブレンボキャリパー(フロント)をオーバーホールする際に使用する物や手順のまとめ。

使用した物

  • 電動式空気入れ
  • 通常使用しているブレーキフルード
    BILLION SUPER BRAKE FLUID
  • ブレーキクリーナー(パーツクリーナー)
    容量が800mlぐらいの大きな物を2、3本。
  • ブレーキピストンプライヤー
  • ブレーキパッドスプレッダー
  • 待ち針
  • シリコングリース
  • ブレンボキャリパー用オーバーホールキット(フロント)(型番:26297FE010)
  • ブレーキホース ガスケット(型番:114130151)
  • 安いDOT3のフルード
    キャリパーの洗浄用
  • 廃油受け
    私は一つしか用意しませんでしたが、洗浄用と外したブレーキホースから流出するブレーキフルードを受ける為、二つあった方が良いです。
  • 古新聞
  • 雑巾(ウエス)
  • 使い古しの歯ブラシ

インプレッサ(GDBF) ブレンボキャリパーのダストシール

インプレッサ(GDBF)のブレーキパッドを外して、清掃していたらあまり見たくないものを見てしまいました・・・。

ダストシールに幾つかの切れ目があるのがわかります。

黄色矢印で示している部分に切れ目があるのがわかると思います。

このまま放置しておくと、ゴミが入ってピストンが汚れたり、傷ついたりする可能性がありますし、ピストンシールまで傷ついたり、切れたりするとフルード漏れを起こす可能性がありますので、キャリパーのオーバーホールを早めにした方が良さそうです。

インプレッサ(GDBF)のブレンボキャリパーは、サーキット走行をすると色が変色してくるので有名ですね(^^;;。

DSC01735.jpg

フロントのキャリパーは、写真のようにすぐに黒くなってきますが、リアのキャリパーは変色してくる気配はありません。

インプレッサ(GDBF)のブレーキバランスが、フロント寄りという事も影響していると思いますが、ブレーキの冷却効率が悪いというのが、最大の要因じゃないかと思っています。

冷却効率が悪いところに、サーキット走行に対応したカーボン系やメタル系のブレーキパッドを装着すると、発熱量が増えてしまいあっという間に黒くなってしまうのではないかと・・・。

発熱量が増えるということは、高温になっているという事ですので、ブレーキのフェード現象が起きやすいという事になります。

以上のことから、インプレッサ(GDBF)でサーキット走行をするのであれば、ディフレクターやダクトなどで熱対策をした方が良いでしょうね。

BILLION SUPER BRAKE FLUID

BILLION SUPER BRAKE FLUIDを平野タイヤで購入し、レンタルガレージ JUNTOHRU戸田店 アブラカダブラで交換作業をしてきました。

DSC03906.jpg

今まで使用してきた、DELPHI DOT 5.1のブレーキフルードに不具合や不満は無かったのですが、新しいブレーキフルードを試してみたくて変更してみました。

ブレーキフルードを新品に交換したので、ブレーキペダルを踏んだ時のタッチが少し改善されましたが、奥まで踏み込んだ時の柔らかさが少し残っています(‥;)。

ブレーキパッドを新品にしたら、改善されるんじゃないかと思いますが、ブレーキパッドを交換するのは、しばらく先の事になると思います・・・。

筑波サーキット(TC1000)を走ってきました。前回TC1000を走行してから、インプレッサ(GDBF)の仕様で変更になったところは、

の二点ですので、劇的なタイムアップは期待していませんでした(^^ゞ。というか、
「気温が高くて、ベストタイム更新は無理だろうなぁ(^^;;」
と、タイムはあまり気にしないようにしていました。

インプレッサ(GDBF)のブレーキパッド交換方法

インプレッサ(GDBF)に限らず、ブレーキパッドの交換は、慣れてしまえば意外と簡単です。

ブレーキという重要な部分のパーツですので、
「間違ったらどうしよう」
という不安があると思いますので、慣れるまでは経験者に手伝って貰いながら作業すると良いでしょう。

左の青いブレーキパッドがエンドレスのCC-Sで、右の黒いブレーキパッドがインプレッサ(GDBF)の純正です。鳴きを防止する為に摩擦材が斜めに削られています。社外品のブレーキパッドの中には、このように斜めに削られていない物もあります。

DSC01429.jpg

久しぶりにタイム計測付きのサーキット走行会に参加してきました。

場所は、筑波サーキットのコース1000です。年末にSS PARK CIRCUITを走行していますので、インプレッサ(GDBF)に乗り換えてからは、2回目のサーキット走行になります。

車載カメラの動画を見たり、以前見学した時の事を思い出しながら、イメージトレーニングをしたりして走行に備えましたが、やはり実際に走ってみない事には、
「どれぐらいのタイムで走行できるのか?」
全くわからないので、かなり不安がありました(^^;;。

周りの人からは、変にプレッシャーをかけられましたし・・・(^^;;。

インプレッサ(GDBF)のブレーキパッドについて

パワーアップしたり、ショックアブソーバーやスプリングを交換する前に、まずはブレーキパッドを交換するのが良いかな?と・・・。

DSC00940.jpg

インプレッサ(GDBF)には、ブレンボのキャリパーが標準装備されていますが、
「もう少し効きが強ければ良いのになぁ・・・」
と、ちょっと不安に感じる部分があります。

そう感じるか否か個人差があると思います・・・(^_^;)。

とりあえず、GC8の頃に使用した経験のある、エンドレスのCC-X(フロント:EP357/リア:EP291)に交換しようと思います。これだと低温から効くので街乗りでも安心できますし、普通のラジアルタイヤで、ミニサーキットを走行するような状況でも問題無いと思います。

ちなみに、サーキットを走行する場合には、ブレーキフルードをDOT4以上のものに交換した方が良いと思います。