タグ「工具」が付けられているもの

フロントのハブ(ベアリング)の交換

インプレッサ(GDBF)のフロントハブ(ベアリング)を交換しました。

DSC05297.jpg

写真は、新品のハブ コンプリート(部品番号:28373FE000)で、ハブボルトは取り付けられた状態で納品されます。

ピロアッパーマウント(オーリンズ)のピロを交換

オーリンズ DFVのピロアッパーマウントのピロ(スフェリカルベアリング)を交換しました。

リアは前から音がしていたので、あまり気にしていなかったのですが、フロントからもするようになったので、前後共に交換することにしました。

DSC04905.jpg

「ヤフオクで比較的安く手に入るピロで良いかな?」とも思ったのですが、どのサイズのベアリングかハッキリとわからなかったので、uno per unoへ行ってオーリンズで補修用として販売しているピロを購入してきました。お値段は、1個¥6,000+消費税です。

いったん分解してサイズ確認する元気はありませんでした(^^;。

インプレッサ(GDBF)のステアリング交換方法

インプレッサのステアリング交換は、特別な作業は無いので簡単に出来ると思います。

ステアリングについているエアバッグが、交換作業中に誤動作しないように、バッテリーの端子を外して15~30分ぐらい放置します。

DSC04778.jpg

ステアリングの横(左右2箇所)にエアバッグのユニットを固定してるボルト(T30)がありますので、これを緩めて外すとユニットが外れます。ボスにT30のレンチが付属している事もあるようですが、場合によってはボルトを緩めにくかったり緩まなかったりするようです。その時には、ちゃんとした工具を購入するかお友達に借りるとかしましょう。

KTC B4L-30

KTC B4L-30

KTC 12.7sq. ディープソケット(六角)
購入価格:¥2,640

インプレッサ(GDBF)のリアデフオイルを交換する時に使用する30mmのディープソケットです。ディープソケットなので、水温センサーの出っ張りがあっても大丈夫です。でも、リアディフューザーに当たってしまうので、使用する時にはディフューザーを外す必要があります。

メガネレンチやコンビネーションレンチを使っても作業するには問題はありませんが、ドレンボルトを締める時のトルク管理をしたい場合は、30mmのソケットを持っていないと駄目だと思います(^^;;。

あと、30mmのメガネレンチを持っていなかったので価格を調べたら、定価で7,000円ぐらいなので、3,500円ぐらいのこのディープソケットを購入しました。ノンブランドの工具だと30mmというメガネレンチは見つからないので、国産で比較的価格の安いKTCやKo-Kenの工具を選んだほうが良さそうです・・・。

Ko-ken 4110M (13mm)

Ko-ken 4110M

このKo-ken 4110M(13mm)という工具は、インプレッサのデフオイルを交換する時に使用するドレンプラグソケットです。

1/2"(12.7mm)sq.のスピンナハンドルを使って緩めることも可能ですが、0.3mmの差がある為にドレンプラグをなめてしまう可能性があります・・・。

¥1,000ぐらいで購入できますので、DIYでデフオイルを交換しようと思われる方は、これを用意する事をお奨めします。

Ko-kenだけではなく、KTC AC301-13という同様のソケットもありますので、好みで選択していただければと思います。

ブレーキピストンプライヤー

ブレーキピストンプライヤー

これは、ブレーキキャリパーのピストンを外すための工具です。

お店の人曰く、
「エアを使わないでもピストンが抜ける」
との事でしたが、インプレッサ(GDBF)のブレンボキャリパーでは、ちょっと役不足でした・・・(^^;;。

ハブのトラブル

ふと、インプレッサ(GDBF)の左リアタイヤを見ていたら、ハブを固定しているナットがずれているのを発見してしまいました・・・( ̄□ ̄;) !!。

DSC03827.jpg

「ディーラーは、年末のお休みに入ってしまったし、どうしようかな・・・?。」
と悩むこと数分。

インプレッサ(GDBF)のサスペンション(ショックアブソーバー)交換方法を簡単に解説します。

純正のショックアブソーバーがついている時に撮影した写真が無かったので、オーリンズ DFVに交換後に撮影した写真を使用していますが、純正形状のショックアブソーバーでも作業内容は同じですので問題無いと思います。

思いつく範囲で注意点やコツなどを書きましたが、間違いとか抜けがありましたら、コメントでご指摘いただければと思います。

  1. ジャッキアップをしてタイヤを外します。
    車載用のパンタジャッキでも作業をする事は可能ですが、かなり力を入れて作業するので、安全面のことを考えて、フロアジャッキで上げてウマを使用するようにしましょう。レンタルガレージが近所にあれば、リフトを借りて作業しても良いと思います。
  2. リアシートを外します。
    リアシートの外し方は、リアシート(座面)の外し方リアシート(背もたれ)の外し方を参照して下さい。
  3. リアシートベルトを巻き取る部分を固定しているボルトを外します。
    ボルトを外してしまうとベルトが引き出せなくなってしまうので、ボルトを外す前にある程度まで引き出しておきます。どの程度引き出せば良いのか分からない場合、全部引き出してしまって良いと思います。それから、作業中にシートベルトが自然に巻き取られないように、ベルトの部分にクリップを挟むなどの対処をしておきます。
    DSC03594.jpg

Mechanix Wear M-PACT GLOVE

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

クルマをいじる時は、ホームセンターでまとめ買いしてきた軍手を使用していましたが、
「メカニックグローブを使うと、どんな感じだろう?。軍手を使うよりも、作業しやすいのかな?。」
と思ったので、Mechanix Wear M-PACT GLOVEを購入してみました。

アメリカのレースNASCARでも使用されている、有名なメカニックグローブのようです。

BRIDGESTONE RACING AIR GAUGE

インプレッサ(GDBF)に限らず、クルマでサーキット走行をするのであれば、エアー・ゲージを持っていって空気圧を調整しましょう。空気圧を調整する場合、走行直後でタイヤが温まっている時にします。

持っていくエアー・ゲージは、量販店などで販売されている、数千円の物で良いと思います。

そういう比較的安価なエアー・ゲージを使用していて、不満な点があれば買い換えるようにするのをお奨めします。

私も数千円で購入したエアー・ゲージを使用してましたが、エアーチャック(アルミホイールのバルブに差し込む部分)がストレートになっているタイプの物を使わせてもらったら、使いやすくて楽だったので買い換える事にしました。

クーラントチェンジャー

すぐにインプレッサ(GDBF)のクーラントを交換する予定は無いのですが、だいぶ前に工具屋さん(WIT)へ行った時に安く売っていたので、ついでにといった感じで購入してきました。

工具屋さんでは、クーラントチェンジャーという名前で売られているようですが、パッケージを見ると「Spill-Free Funnel」というが、正式な(?)名前のようです。

Spill-Free_Funnel.jpg

これが無くても、ペットボトルなどを流用、加工すればクーラントの交換作業は出来ます。

でも、余分なクーラントをそのままにして、取り外す事ができるのでこういう専用工具があると便利だと思います。

クロスレンチ

自分でタイヤを外す事が多いのであれば、クロスレンチを1本持っていた方が、作業効率が上がって楽になると思います。

カー用品店やホームセンターに行けば、メーカー不明の格安の物が売っていると思いますし、拘るなら工具屋さんに行って、有名メーカーの物を購入されると良いでしょう。

エーモン クロスレンチ

だいぶ昔に購入した、エーモンのクロスレンチです。

よく使うところ(インプレッサ(GDBF)の純正ホイールナットの場合19mm)に、ビニールテープなどで印をつけておけば、何処が19mmなのか一目でわかるので、刻印をいちいち確認する手間が省けます。

このクロスレンチは、軸の長さが約400mmあります。

この長さだと、テンパータイヤの所にピッタリ収まるので、置き場所に困ることは無いと思います。

インプレッサ(GDBF)のブレーキパッド交換方法

インプレッサ(GDBF)に限らず、ブレーキパッドの交換は、慣れてしまえば意外と簡単です。

ブレーキという重要な部分のパーツですので、
「間違ったらどうしよう」
という不安があると思いますので、慣れるまでは経験者に手伝って貰いながら作業すると良いでしょう。

左の青いブレーキパッドがエンドレスのCC-Sで、右の黒いブレーキパッドがインプレッサ(GDBF)の純正です。鳴きを防止する為に摩擦材が斜めに削られています。社外品のブレーキパッドの中には、このように斜めに削られていない物もあります。

DSC01429.jpg