『Unicode IVS Add-in for Microsoft Office』を提供

  • 投稿日:
  • 更新日:

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行)は、Word、Excel、PowerPointなどのマイクロソフト製品上でUnicode IVD (UTS#37)(注1)に対応した異体字の取り扱いを可能にするアドイン『Unicode IVS Add-in for Microsoft Office(以下IVS Add-in)』の提供を開始します。主に人名・地名など異体字を含んだデータを取り扱うことの多い自治体、官公庁などの行政機関や、金融機関などにおける利用を想定しています。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4219

データ交換で外字が入っていると結構面倒なので、こうして標準化されると楽になりますね。