インプレッサ(GDBF)リア用タワーバー取り付け

リア用のタワーバーを取り付けるには、リアシートを外す必要があります。

リアシートの外し方は、リア・シート(座面)の外し方リア・シート(背もたれ)の外し方を参考にして下さい。

インプレッサ リア左側ストラットタワー(トランク側)

リアの左側は、ウィンドウウォッシャー液が通るホースがありますので、これをうまく避けて固定する必要があります。

リア左側ストラットタワー(車内側)

黒いスポンジの部分を半分ほど剥がし、ブラケットを通します。

リア左側ストラットタワー タワーバー装着後

取り付けが完了すると、このような感じになります。

ブラケットとシャフトを固定する作業は、可能ならばトランク内に座って作業した方が楽だと思います。

インプレッション。

リア用タワーバーを取り付け後、リアのロールする時のフィーリングが変わったように感じました。

今までは、ボディがしなり(歪み)ながらロールしていたのだと思うのですが、そのしなり(歪み)が少なくなったのだと思います。

ギュ~っと沈み込んでいたのが、ギュッという感じに変わったと言えばわかりやすいでしょうか・・・(^^ゞ。

悪く言えばナーバスになったという事なのでしょうが、私はこの感じは好きなのでリア用のタワーバーを取り付けて良かったと思っています(^^)。

リアの剛性が少しでも上がったので、きちんと足回りが仕事をするようになり、段差などを超えた時の収まりが良くなりました。少し乗り心地が良くなったのかもしれません。

今回、フロントは何もしていないので、相対的にフロントの剛性が弱いように感じるようになりました・・・(^^;;。

フロントのタワーバーをCUSCO製へ交換するか、ロアアームバーを取り付ければ、前後のバランスが良くなるんじゃないかと思っています。