WILLANS CLUB 4 4x4

サーキット走行時に使用する4点式シートベルトは、WILLANSのSUPER SPORTS 4x4(ストラップ幅:2インチ、プッシュ式バックル)を使用していましたが、前回の富士スピードウェイの走行会からWILLANS CLUB 4 4×4(ストラップ幅:3インチ、ロータリーバックル)へ変更しました。

willans_club4_1.jpg

実際に使用してみると3インチ幅の4点(レーシングハーネス)は良いですね(^^)。

2インチ幅の4点ではショルダーパッドを使っていましたが、3インチ幅ではショルダーパッドが無くても痛くないですし、ガッチリと身体を固定する事が出来ます。

それから、2インチ幅ではショルダーストラップをギュッときつく締めると、ラップストラップ(腰の部分を固定するストラップ)が上がってきてしまう事が無くなりました。

willans_club4_2.jpg

走行準備で4点を締めるのに掛る時間と手間は意外と掛りますが、それが半分以下で済むようになったと感じましたし、外す方は一瞬で出来てしまうので非常に楽になりました。

ショルダーストラップのアジャスターがちょっと特殊な形をしていて、まだそれに慣れていないという事もあり、調整するのに手間取ってしまいます(^^;。

インプレッサ(GDBF)の純正シートの背もたれの部分には穴があるので、純正シートに4点という組み合わせも可能ですが、座高が高くて穴の位置が肩の下になってしまう方は、ショルダーストラップをきつく締めた時に肩が下に押さえつけられるような状態になってしまいます。肩が凝ったり痛くなったりしますので、シートを交換するなどの対処が必要になると思います。