インプレッサ(GDBF)のエンジン警告灯が点灯の続き(解消)

部品(ソレノイド)を新品に交換したけど、エンジン警告灯が点灯する現象は解消されませんでした。というか、逆に頻繁に点灯するようになった気がしたので、改めて自分でチェックしてみました。

そしたら、配線の一部が触媒の遮熱版に接触した跡があり、一部熱で溶けてしまっていました・・・。

むき出しになってしまった線が、遮熱版に接触してしまっていたようです。

ソレノイドを交換する際に、配線が動き遮熱版と接触しやすくなってしまったようです。

むき出しになった部分の保護(ビニールテープでの絶縁)と配線が動かないようにタイラップで固定という対処をしてもらいました。原因が特定されて対処も完了したので、エンジン警告灯が点灯する症状は解消されました。

16102AA360.jpg

無駄な出費となってしまったソレノイドバルブです(汗)。初めから自分で隅々まで確認すればよかった・・・。

  • バルブ アッセンブリ、デューチ ソレノイド
    部品番号:16102AA360
    価格:¥8,090

ちなみに、エンジンルーム内にあるセンサー系のハーネス(配線)は、部品代だけでも10万円ぐらいするそうです(汗)。