%systemroot%と%windir%

Windowsの環境変数に、%systemroot%と%windir%というのがありますが、どちらもWindowsがインストールされているフォルダの場所を指しています。

20140203-cmd.png

コマンドプロンプトでsetコマンドを実行すると、どちらも同じ場所(フォルダ)が設定されています。

今まであまり意識することなく使っていたのですが、ちょっと気になってので、この二つはどう違うのか調べてみました。%systemroot%は、Windows NT系のOSで採用されており、%windir%は、Windows 9x系で採用されていたようですね。
但し、%windir%は、Windows NT系でも採用(設定)されているので、今まで意識しなくても使えていたという事のようです。

【PR】 スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!