タグ「CPU」が付けられているもの

Corsair H50-1

1か月位前のことになりますが、CPUクーラーを空冷から水冷のCorsair H50-1へ交換しました。

DSC05512.jpg

取り付け作業は、そんなに難しくなく自分でPCを組み立てたことがあれば、簡単な部類な方だと思います。気を付けるのは、ラジエーターとヘッド部分を繋いでいるホースが結構固いので、それぐらいでしょうか。

取扱説明書には、ラジエーターのファンをケースの吸気方向につけるようです。でも、実際につけてみたらケース内の温度が上がり、あまりよろしくない状態となりました。

排気ファンをガンガン回せば良いのでしょうが、それで五月蠅くなるのも嫌だったので、ラジエーターのファンを排気方向にしています。

【au IS02】 省電力設定

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ: , ,

IS02でブラウザでインターネットを見たり、頻繁にメールの送受信をしていると、バッテリーの消費が早くて残量があっという間に無くなってしまいます。

「予備のバッテリーを持ち歩くのが嫌だ」とか「大容量のバッテリーに換装するのは嫌だ」という場合は、設定を変更してバッテリーの消費を抑えるようにします。

Windows XP SP3のインストールは保留

Windows XP Service Pack 3 (SP3)がダウンロードできるようになりましたが、XP SP3導入後にAMDベースマシンで問題--リブートが繰り返し発生という問題が発生しているようです。

でも、IntelのCPUを積んでいるパソコンにWindows XP SP3をインストールしてみたら、細かい不具合(ソフトの相性問題?)がありましたので、もう少し待ってからインストールしたほうが良さそうです・・・。

Windows XP SP3をアンインストールすれば元に戻るはずですが、不安だったのでこれを機会にクリーンインストールをしました。

それにしても、Windows XP SP2以後のアップデートが多すぎです・・・(ーー;)。

au W54Sへ機種変更

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ: , , ,

DSC00076.jpg

au W43Sからau W54S(ベルベットブラック)に機種変更しました。

正確に言うと、機種変更ではなくて機種追加というみたいですが・・・(^^ゞ。

W54Sを購入する前に、auショップの店員さんに
「電源が切れたり、キーのバックライトが点灯しなくなるといった不具合がありますが、それでもこの機種でよろしいですか?」
という事を確認されました。

それから、「2008年2月27日に2回目のソフトウェアアップデートが公開されますが、それでも不具合が直らないかもしれません」といった事も確認されました。

W54Sの機種変更価格は¥15,750(税込)で、そこからポイントを使い支払った金額は¥12,075(税込)でした。

自宅PCのハードウェア変更が完了

自宅PCのハードウェア変更が完了しました。

メールやWord、Execlなどのデータを移行したり、アプリケーションの再インストールで時間が掛かりましたが、ハードウェア面での相性問題などは起こらずに済みましたので、スムーズに変更できたほうだと思います。

Microsoft Office 2003のオンライン認証が出来ず、電話でオペレーターの人とやり取りしたのが、ちょっとだけ面倒でした(^^;;。

取扱説明書と実機で、BIOS設定画面に違うところがありましたが、BIOSを最新版にアップデートしたら解決しました。

使用したパーツは、以下の通り。

  • CPU:インテル® Core™2 Duo E6300
  • マザーボード:ASUS P5B-V
  • メモリー:PC2 5300 1GB(512MB×2)
  • ディスプレイアダプタ:ASUS EN7600GS SILENT/HTD

2006-12-05.jpg

自宅PCのハードウェアを変更する予定

先日マザーボードが故障し、中古品のマザーボードを入手して復旧しましたが、また何時故障するかという不安は残っていますので、そろそろ最新のハードウェアに交換しようと思っています。

高価なパーツを購入してももったいない気がするので、インテル® Core™2 Duoプロセッサーを使って出来るだけ安価にしたいと思います。

以下のようなパーツを購入する予定です。

  • CPU:インテル® Core™2 Duo E6300
  • マザーボード:ASUS P5B-V
  • メモリー:PC2 5300 1GB(512MB×2) or 2GB

マザーボードにグラフィック出力機能があるので、ビデオカードを追加購入しなくて済みます。でもメインメモリーからグラフィック用のメモリーを割り当てるので、メインメモリーの容量がそれだけ少なくなってしまいますので、安いファンレスのビデオカードがあれば購入するつもりです。

Core 2 Duo

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

Intelから近日リリース予定のデスクトップ向け「Core 2 Duo」プロセッサ(開発コード名「Conroe」)のテスト結果が、独立系の比較評価サイトによってインターネットのあちこちで発表されている。Intelはここ数年で初めて、オフィスアプリケーションやゲームなど各種ソフトウェアに関する幅広いベンチマークで、性能の明らかな優位性を示した。

インテルの新プロセッサ「Core 2 Duo」に高い評価 - CNET Japan

パソコンでバリバリとゲームをやるタイプの人ではないのですが、やっぱりサクサクと動くパソコンで作業した方が効率的ですよね。

Pentium4 3.40E GHzを搭載した自作パソコンを使用しているので、そんなに遅いという事はありませんが、
「電気をいっぱい消費して、熱々のCPUからそろそろ開放されたいな」
と思う今日この頃・・・。

でも、Core 2 Duoを購入するとなると、マザーボードやメモリ等の周辺パーツも買い換えないといけないので、かなり費用が掛かってしまいます(^^;;。

年末ぐらいまで待てば、
「CPUの値段も落ちてきて、買いやすくなっているかな?」
と思いますので、それまでにコツコツと資金を貯めておこう(*^^)v。

インテル® Core™2 プロセッサー・ファミリー・ブランド

Intel Pentium D

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

デュアルコアのCPU「Intel Pentium D(Smithfield)」が販売開始されました。【レビュー】Pentium DとIntel 945Gチップセットを緊急テスト (1) Pentium D 820/830/840・Pentium 4 670 (MYCOM PC WEB)で詳しい情報とベンチマークの結果が公開されています。

記事のまとめにあるように、Pentium 4と比べて飛躍的にパフォーマンスが上がるわけでは無いようです。また、発熱も凄いようですので空冷で使用する場合、かなり騒音の大きなパソコンになりそうです(^_^;)。

PentiumでデュアルコアCPUを購入するなら、次世代のモノが出てくるまで待った方が良さそうですね。

パソコンの静音化について

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

自宅で使用しているパソコンのCPUクーラーを交換したりして、サクサク動く静かなパソコンを目指しています。でも、Intel Pentium4 3.40E GHzというCPUを使っている限り、空冷では限度があるなぁ・・・と感じています(^_^;)。

水冷化にトライするか、ASUSのPentium M用ソケット変換基板「CT-479」を使ってみるか、暑くなる夏を前にして色々と考えています。

水冷化はセットアップが面倒ではありますが、マザーボードを買い換えたりしても、部品を交換すればそのまま使いまわすことが可能なので、長い目で見たときにコスト的に有利かと思います。

CT-479を使った場合は、セットアップが簡単ですし、元々発熱量の少ないPentium Mを使用するので、ファンの数を減らしたり回転数を低くすれば、Pentium4よりも静音化できると思います。また、Pentium Mに関する雑誌の記事をみると、CPUそのものの処理能力はPentium4と遜色が無いようです。

CPUクーラーを交換

CPUクーラー選定中だったのですが、、Thermalright XP-120とXINRUILIAN RDL1225B(120φ/1700rpm/28dBA/71.75CM)を購入し、Intel Pentium4 3.40E GHz純正のCPUクーラーと交換しました。

DSC00858.jpg

ノースブリッジのヒートシンクとの干渉については、写真のように若干接触しているような感じですが、ヒートシンクの温度は上がっていないようです。

多分、120φという大きなファンを取り付けた事で、エアフローが向上したおかげではないでしょうか。

Thermalright XP-120が大きい為、CPU用ファンとケース背面の排気用ファンが近い位置になるので、空気の取り合いになり、効率が悪くなるように思いましたので、CPUクーラーから吸い出す方向に取り付けました。

ケース内の温度が低く、背面の排気用ファンと離れている場合、吹きつける方向でも大丈夫ではないかと思いますが、ケース・バイ・ケースなので試行錯誤するしかないかと思います。

XINRUILIAN RDL1225Bを定格の12Vで動かしている場合、Asus Probeでモニタした数値によると、MB Temperatureが30℃以下であれば、ある程度負荷をかけても、CPU Temperatureは60℃以下におさまります。

ファンのノイズが気になり、負荷の掛からない用途に使用する場合、回転数を落として静音化することが可能です。

マザーボードのBIOSの設定を変更し、約1250rpmぐらいの回転数に落としてみましたが、インターネットを見たり、メールを送受信するなどの作業をしているような状況では、50℃以下で安定しています。

PCケースや外気温などの様々な条件によって、マザーボードやCPUの温度は変わってきますので、CPUファンの回転数を落とす場合は、くれぐれも温度管理に注意しましょう。

CPUクーラー選定中

Pentium4 3.40E GHz(Socket 478/Prescott)に使用するCPUクーラーをThermalright XP-90にしようかと思っていたのですが、Thermalright XP-120の方が冷えるようですし、120φのファンを使用するので、騒音が少なく出来るように思えてきました。

でも、私が使用しているASUS P4C800-E Deluxeに取り付けた場合、ノースブリッジのヒートシンクと干渉する可能性があるようです。

もし干渉するようなら、ノースブリッジのヒートシンクをずらすとかすれば大丈夫かもしれない。といった感じで悩んでいます(^_^;)。

Pentium4 3.40E GHz

秋葉原に行って、ケース用のファンだけを購入するつもりだったのですが、Pentium4 3.40E GHz(Socket 478/Prescott)も購入していました(^^ゞ。

DSC00800.jpg

それから、使用していた電源がSeasonic SS-300AGXという物で、これだと容量が足りなくなると思いましたので、NeoPower 480という電源も購入しました。

この電源は、内部の電源ケーブルが抜き差しできるので、不要なコードがケース内部で邪魔にならなくて良いなと、前から気になっていた電源でした。

ファンも120φと大き目の物で静かな部類だと思います。

グラフィックカードの静音化

パソコンのケースをALTIUM RS8 ATHENA SGMに交換したら、グラフィック(ビデオ)カードについているFANの音が凄く五月蝿く感じるようになりました。

グラフィックカードが新品の時は、そんなに五月蝿いと感じなかったので、FANが劣化してきて徐々に五月蝿くなり、ケースを交換してサイドパネルがメッシュになった事で、FANの騒音がよりわかりやすくなったという事だと思います。

DSC00768.jpg

使用しているグラフィックカードは、ELSA GLADIAC FX 731 128MBというもので、FANレスにしてみようとインターネットで検索した結果、ZALMANZM80D-HPが使えるという事がわかりましたので、秋葉原へ行きUSER'S SIDEで購入してきました。

ROM TUNE

ROMとは、Read Only Memoryの略称です。読み込み専用のメモリーの事で、この中に車を制御する為のコンピュータで使用するプログラムやデータが入っています。

プログラムの部分は、バイナリというコンピュータにしか分からない形式で入っていますので、人が見ても全く理解することは出来ないです(逆アセンブルという方法を取ると人間が見て分かるようにする事が出来ます)。

データの部分は、16進数で入っています。これは一見すると意味不明な数字が並んでいるようにしか見えないですが、10進数に変換したり補正値を外したりすると、人が見てよく分かるようになります。 このデータ部分には、燃料マップや点火時期マップがあり、その数値を基にコンピュータは噴射するガソリンの量や点火時期を変更したりしています。このマップのデータを変更する事で燃料の噴射量や点火時期を好きなように変更する事が出来ます。 燃料マップのデータの変更はキャブのジェットを変更する事、点火時期マップのデータを変更する事はデスビを回す事と同じと言えます。
でも、燃料マップのデータを変更してもインジェクターの能力を超えてガソリンを噴射する事は出来ません。

BLITZ SBC-iD

POWER-FCのオプション品であるブーストコントロールキットを使用してブースト圧を制御していましたが、ハンチングが発生する頻度が多く、エアクリーナーを交換したり配管を変更したり試行錯誤しても状況が変わらない為、ブーストコントローラを新調しました。

HKSのEVCやTRUSTのProfecなどメジャーな物でも良かったのですが、ブーストコントローラなどの電子機器は新しい物の方が性能が良いであろうという事と、ソレノイドバルブを使用していますが、シーケンシャル方式で2つ使用しているので細かい制御が可能なようなのでBLITZのSBC-iDに決めました。

55.jpg

取り付け作業は、それ程難しいものではありません。 純正ソレノイドバルブに2本配管が繋がっていますが、それを取り外したり栓をしたりする必要があります。エアフロの少し後ろから出ているホースを外し、手持ちのホースを加工して栓をしました。