タグ「SP1」が付けられているもの

Office 2013 SP1が公開されました

Office 2013 SP1が公開されましたね。

Description of Microsoft Office 2013 Service Pack 1 (SP1)(この記事を書いている時点では、英語でのページのみのようです)にあるリンク先から、SP1のダウンロードが可能です。

32Bit版 : proplussp2013-kb2817430-fullfile-x86-ja-jp.exe
64Bit版 : proplussp2013-kb2817430-fullfile-x64-ja-jp.exe

コマンドラインのオプション(/extract:[path])をつけると、mspファイルが解凍されますので、これらのファイルをUpdateフォルダに保存したメディアやインストールイメージを作成すれば、Office 2013をインストールする際にSP1が自動的に適用されます。

SP1をインストールすると、Office 2013のバージョン番号が15.0.4569.1506か、それ以上の数字になるようですので、構成管理で抽出すれば適用済み/未適用のPCを管理できると思います。

Office 2010 SP1のアンインストール、インストール

テストでOffice 2010 SP1のインストール、アンインストールを繰り返していると、インストールが出来なくなってしまいました。

OSは、Windows 7でそれなりにカスタマイズしていますので、環境によるものなのかもしれませんが、Officeのサービスパックをアンインストールしたり、インストールしたりという事は、あまり繰り返さない方が良さそうです。

テスト環境なので、リカバリーをしてクリーンな状態にするのは簡単ですが、試しにOffice 2010を再インストールし、SP1をインストールという手順をふむと、正常にインストールが出来ました。

Office 2010 SP1がインストールできないという場合、Office 2010の再インストールを試してみると良いかもしれません。

Windows 7 SP1 スタンドアロン インストール用コマンドライン オプション

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ: ,

Windows 7 SP1をインストールするためのDVDを配布(展開)する計画があり、GUIで操作する為のメニュープログラムを作成しています。

以前、Windows XP SP3の配布時に作成したプログラムを修正して、Windows 7に対応させるだけですので、そんなに手間はかからな筈だったのですが、期待通りの動作にならない部分があり、ちょっとだけ嵌りました・・・。

Windows 7(32Bit)のSP1は、windows6.1-KB976932-X86.exeで、これにコマンドライン オプションをつければユーザー操作が不要となります。ユーザーに操作をさせたくないのと、自動で再起動させたくなかったので、

/unattend /nodialog /norestart

というようなコマンドライン オプションを使用しましたが、これは間違いでした。

Office 2010 SP1

Microsoft Ofiice 2010 SP1が公開されたので、近々仕事でやる事が増えると予想されるので、色々とメモしておきます。

Microsoft Knowledge Base:Office 2010 SP1 の説明

ダウンロードページ:Microsoft Office 2010 Service Pack (32 ビット版): KB2460049

SP1統合済みのisoイメージは、VLSCからダウンロード出来ない模様・・・。

今後のため、SP1統合済みのDVDを作成できるか要調査。統合できない場合、解凍済みファイルをUpdateフォルダに入れる事で対応かな?。