Excelでファイルを開いた時に日付を自動的に更新する

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

Excelのファイルを開いた時、当日の日付を自動的に表示させる場合は、TODAY関数を使用します。
日付を表示したいセルに
=TODAY()
と入力しておけば目的を達成できます。

日付だけではなく、曜日も表示させたい場合、セルの書式設定表示形式ユーザー定義で設定することで可能です。
yyyy"年"m"月"d"日" (aaa)
と設定すると2020年7月11日(土)と表示され、
yyyy"年"m"月"d"日" (aaaa)
と設定すると2020年7月11日(土曜日)と表示されます。

曜日によってフォントの色を変更したい場合は、条件付き書式を設定することで実現可能です。
ルールで数式を使用して、書式設定するセルを決定を選択し、数式として
=WEEKDAY([日付を表示するセル],1)=1
と設定すると、日曜日であった場合に設定した書式が適用されます。赤く表示した1の部分で曜日を判別しており、数値と曜日の対応は下記のようになっています。

  1. 日曜日
  2. 月曜日
  3. 火曜日
  4. 水曜日
  5. 木曜日
  6. 金曜日
  7. 土曜日