iPhoneのWalletとApple Payでエクスプレスカードを設定する

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

iPhoneのApple Payに交通系ICカード(SuicaやPASMO等)を2つ以上登録した状態で、自動改札機にタッチしてを通過する場合、エクスプレスカードに設定したカードで認証(支払い)がされます。

エクスプレスカードとは、指紋認証やFace ID、パスコード無しで使用できるカードの事です。iPhoneのエクスプレスカード設定を確認するには、設定WalletとApple Payと辿っていくと、交通系ICカード エクスプレスカードという部分を見るとわかります。

iPhone-008.jpg

画像は、PASMOに設定されている場合の表示です。ここが、なしになっていたらエクスプレスカードが選択されていませんので、なしの部分をタップしてエクスプレスカードの設定をします。

iPhone-009.jpg

自動改札機でタッチして使いたいICカードを選択(有効化)します。

エクスプレスカードは、上にも書いたようにFace IDやパスコード無しで利用できてしまうので、iPhoneを紛失したり、盗まれたりするとチャージしてあるお金を使われてしまいます。そういう点で不安がある場合には、エクスプレスカードに設定したカードには、お金をチャージしないでおくとか、オートチャージの設定もしないといった対策をしておく事をお奨めします。

iPhoneを失くしたり盗まれた場合にするべき事。

下記のどちらかの手段で紛失モードに設定をする事で、Apple Payでの支払いを停止(無効化)出来ます。

  • パソコンや他のスマートフォンのブラウザからiCloudにアクセスし、iPhoneを探す機能で紛失モードにする。
  • 他のiPhoneかiPadで探すアプリを使用して紛失モードにする。

iPhone-010.jpg

パソコンでiCloudにアクセスしてiPhoneを探す機能を使うと、このようなウィンドウが表示されますので、紛失モードをクリックします。表示されたメッセージに従って手続きをすると紛失モードに設定されます。

参照URL : Apple Pay でエクスプレスカードを使う - Apple サポート

※iOS 13以降、iPhoneを探すアプリは無くなり、探すアプリに統合されました。