タグ「車載映像」が付けられているもの

本庄サーキット(2008年11月23日) フリー走行

昨日、走ったので連日の本庄サーキットです(^^;。

三連休の中日という事で、すごい混雑でした・・・。この日は写真を撮り忘れました(^^;;。

今日は、とても暖かくてお昼ごろは、少し汗ばむぐらいぐらいの気温でした。

この日は、夕方に大きなクラッシュが発生した影響で、15:40から走る予定が16:30ぐらいに走る事になりました。ドライバーの方は、大きな怪我を負わずに済んだようです。

日が暮れるのが早くなっているので、そのぐらいの時間ではブレーキングポイントとか良くわからずに走っていました・・・(~o~)。ヘッドライトを常時点灯させてサーキットを走ったのは、初めての経験でしたのである意味貴重な体験ができたのかな?。

3連休の初日にあたる土曜日のフリー走行なので、混むんじゃないかと思っていましたが、空いていて走りやすい状況でした(^^)。

DSC04810.jpg

高速道路の混雑をできるだけ避けたかったので、本庄サーキットに到着したのは7時過ぎだったのですが、この時にパドック内にいた車は私のインプレッサ(GDBF)を除くと2台でした。

晴れていて空気が冷たかったですが、風がなかったのでそんなに寒い思いをしませんでした。

寒いのは苦手です(^^;。

本庄サーキット(2008年10月5日)

DSC04762.jpg

金曜日の走行会(筑波サーキット(TC1000)(2008年10月3日))で走り方を忘れているのを痛感したため、一日開けて本庄サーキットのフリー走行へ行きました。

ブレーキに負担のかかる本庄サーキットを走るため、土曜日はブレーキフルードのエア抜きをしたので、この週末はクルマ三昧な感じです(^^ゞ。

筑波サーキット(TC1000)(2008年10月3日)

DSC04761.jpg

前回TC1000を走ったのは3月21日なので、半年以上も走っていなかったんですね(^^;;。

おまけにガソリン価格の高騰であまりクルマに乗らなくなってしまったのもあり、走らせ方を忘れてしまっていました・・・。

筑波サーキット(TC1000)(2008年3月21日)

DSC00139.jpg

天気予報では、午前中は雨だったのですが、雨に降られることは無く、ずっとドライの状態で走ることが出来ました。

でも、風が強く気温が低かったので、車の外でずっと過ごすのは辛い状況でした(‥;)。

今回は、あらゆるコーナーで「あーでもない、こーでもない」と色々なラインを試していました・・・。

ベストタイムは更新できませんでしたが、今後の走り方のヒントを得たような気がします。

ヒントを得ても結果を出さないと、それが正しいのかわかりませんが・・・(^^;;。

筑波サーキット コース1000の走行会へ参加してきました。

1081.jpg

ここの走行会は、前からインプレッサの参加者が少ないのですが、今回も私とお友達を除くと1台のGC8が参加しているだけした・・・。

午前中からお昼過ぎまでは晴れていて、とても良いお天気でした。

でも、午後になると一瞬だけ小雨が降ったかと思えば、強風が吹き荒れ砂埃がいっぱい舞いあがり、その後にザーッと雨が降り出すような、なんだかとてもめまぐるしく変わる天候でした(‥;)。

ザーッと雨が降り出したのが、第五ヒートを走る準備をしようかという時だったので、第五ヒートはキャンセルして走りませんでした(^^;;。

砂埃をいっぱいかぶったところに雨が降ったので、荷物や車はドロドロの状態でした(T_T)。

筑波サーキット(TC1000)(2008年1月11日)

筑波サーキット(TC2000)(2008年1月11日)は午後の走行で、午前中はTC1000を走っていました・・・(^^ゞ。

荷物の上げ下ろしやタイヤ交換などでバタバタしてました・・・(^^;;。

ベストタイムは更新できませんでしたが、車高調(オーリンズDFV)をオーバーホールしたお陰で、きちんとアクセルを踏めるようになりました(^^)。

仕様変更した足回りに慣れるのを優先して、減衰力の設定を変更(調整)して試行錯誤する事まで出来ませんでした。

インプレッサ(GDBF)で久々(約4ヶ月ぶり)のサーキット走行会へ参加してきました。

久々ということもあり、タイム云々というよりも走り方を思い出すことを最優先して走りました(^^ゞ。

DSC04493.jpg

今回もインプレッサ(GDBF)のお友達と参加です。

筑波サーキット(TC1000)(2007年6月1日)

インプレッサ(GDBF)で筑波サーキット(TC1000)へ行ってきました。

DSC04177.jpg

サーキットに着いて、走行準備をしている時に雨が降ってきましたが、すぐに止んでくれたので、走行開始時には路面が乾いていて、ずっとドライ路面で走行することが出来ました。

というか、お昼ぐらいになると晴れ間が多くなり、真夏のような暑さでした(^^;;。

筑波サーキット コース1000(TC1000)での走行会に行ってきました。

天候が不順で、雨が降るんじゃないと心配していましたが、午後は半そでのTシャツ1枚でも汗をかくほどの暑さになりました(^^;;。

DSC04022.jpg

いつものように、インプレッサ(GDBF)のお友達と一緒に参加です(^^)。

お昼ぐらいまでは、曇りで涼しかったので、それなりのタイムを出すことができましたが、ベストタイムの更新はなりませんでした(‥;)。

本庄サーキット(2007年3月18日)

本庄サーキットのフリー走行へ行ってきましたが、ベストタイムの更新は出来ませんでした(‥;)。

9:00~の枠と13:00~の枠の2本走りまして、それぞれのベストタイムが46"005と46"120でした。

前回のフリー走行から2ヶ月ぐらい間隔があいたので、ラインとかブレーキングポイントを忘れてしまって、それを思い出すのに精一杯な感じでした(^^;;。

第二ヘアピンで突っ込みすぎてしまって、ドアンダーになってしまった事が何度かありましたし・・・(^^ゞ。

BILLION SUPER BRAKE FLUIDに交換して初めてのサーキット走行でした。

以前使っていたDELPHI DOT5.1では、ブレーキペダルのタッチが柔らかくなるような状況でも、
「ペダルのタッチが少し柔らかくなったかな?」
と感じる程度でしたので、BILLION SUPER BRAKEの謳い文句は大げさでは無さそうです。もう少し安ければ万々歳なのですが・・・(^^;;。

筑波サーキット[TC1000](2007年2月2日)

筑波サーキット コース1000[TC1000]で開催された走行会に参加してきました。

今回の走行会には、スペシャルゲストとして、全日本GT選手権に参戦中の小林且雄選手が招待されていました(@_@)。

駄目もとで同乗走行に申し込んでおけば良かった・・・。

走行前には、小林且雄選手による特別講義もありました。「サーキットでタイムを短縮するには、どういうことに気をつけたり、考えたりすれば良いか」という内容で、解りやすく話しをしていただきました。

内容を要約すると、ブレーキを一気に掛けて短い距離で減速するという事や、タイヤのグリップを考えながら走るという事でした。

書籍や雑誌で読んで、頭の中では解っていることですが、それを実践するのはなかなか難しいものです・・・。

DSC03854.jpg

本庄サーキット(2007年1月14日)

本庄サーキットで、今年初のサーキット走行をしてきました。

「日曜日のフリー走行なので、来ているクルマが多いのでは?」
と予想して行きましたが、オートサロンの影響なのか、比較的空いていました(^^)。

今までは、第一ヘアピンと第二ヘアピンで、比較的大回りのラインをとっていましたが、今回は逆に小回りするようなラインに変えて、タイムアップするか試してみることにしました。

そんな事を考えながらコースインしたのですが、ショックアブソーバーの減衰力を変更するのを忘れていました(-_-;)。でも、ピットインして減衰力を変更するのも面倒なので、そのまま走り続けることに・・・。(割といい加減な性格してます(^^ゞ。)

今までサーキット走行をする時は、フロント:4段戻し/リア:5段戻しの設定にしていましたが、この時の減衰力設定は、フロント:7段戻し/リア:9段戻しです。

走行を開始してから数周、
「いつもよりも走りやすいかも?」
と思いはじめました・・・。

減衰力の設定を硬くすれば速くなるわけではないし、乗りやすくなるとは限らないのは、知識として頭の中にありました。でも、今までフロント:4段戻し/リア:5段戻しの設定で、そこそこのタイムが出ていましたし、タイムの壁にぶち当たったという状況でもなかったので、減衰力の設定を変更するのは先延ばしにしてきました。

それが今回の準備ミスという怪我の功名で、柔らかめの設定の方が乗りやすく、良いタイムが出ることが分かりました。でも、これが他のサーキットでも同じようになるか、それは実際に試してみないと分かりません(^^;;。

本庄サーキットの車載映像(おまけ編)

先月の23日に、本庄サーキットのフリー走行を一緒に走ったお友達からビデオテープをお借りして、コピーさせていただきました。

その中に、私のインプレッサ(GDBF)を追っかけしている映像がありましたので、その部分を切り取ってアップしてみました。

追っかけられている時、ちょっと頑張りすぎちゃったようです・・・。

あちこちでラインがヘロヘロです(^^;;。

最後のシーンは、仲間内3台で星になるところでした・・・(゜o゜;。

本庄サーキット(2006年12月23日)

本庄サーキットのフリー走行を走ってきました。

お友達と待ち合わせをして、一緒に行く予定だったのですが、見事に寝過ごしてしまい迷惑を掛けてしまいました(; ̄ー ̄川 アセアセ。

昼前に起きて、20分ほどで準備をして急いで本庄サーキットへ向かいました・・・。

祝日のフリー走行日なので、それなりに台数が多かったのですね。

クリアラップをとるのに少し苦労しましたが、ベストタイムをなんとか更新をすることが出来て、本庄サーキットでのベストタイムは46"562となりました。

タイムを更新できた要因は、自分でもハッキリとわからなかったりしますが・・・(^^;;。

第二ヘアピンのコーナリング中に、左手がシフトノブにいっていますが、自分でもどうしてそういう行動をとったのか不明です(^^ゞ。勘違いをしていて、違う周回の車載映像でしたので、アップしなおしました(^^;;。

本庄サーキット(2006年11月23日)

見学のつもりで行ったのですが、祝日のフリー走行としては走行している台数が少なかったので、1本だけフリー走行枠で走ってきました。

TC1000を走行した時に、Sタイヤのタイヤ滓が沢山ついてしまい、滑りやすい状態でしたので、
「ベストタイムの更新は難しい?」
と思っていたのですが、少しだけベストタイムを更新する事が出来て、本庄サーキットでのベストタイムは、47"017となりました。

もう少しで46秒台に入りそうですが、大幅なタイムアップは無理かも?(^_^;)。

TC1000での車載映像(6)

先日、参加したTC1000での走行会で、二番目に良かったタイムを記録した周回の車載映像を探し、どんな風に運転しているのか観てみました。

そしたら、複合コーナーのところで3速を使っていましたので、車載映像を編集してアップしておきます。

左下の小窓は、ベストタイムを記録した周回の車載映像です。

複合コーナーで2速を使った場合と3速を使った場合では、あまりタイムに変化は無いように思います。

でも、3速を使った場合、アクセルを全開にするタイミングをもう少し早くできれば、タイムを更新できるかもしれません。

2週続けてのハードなスケジュールでしたが、筑波サーキット[TC1000]での走行会に参加してきました。

走行会へ参加する前にエンジン・オイルを交換し、フロントのブレーキ・パッドがヤバそうでしたので、予備として持っていた新品のProjectμ HC+へ交換しました。

先週と同様に吉野家で豚丼を食べてから行きましたよ(笑)。でも、ご飯は軽めにしてもらいました(^^ゞ。

先週の走行会で撮影した車載映像を観たり、他の人の車載映像を観たりして、以下のような事を考えていました。

  • 1コーナーへの進入を変えて、タイムアップに繋がるような走り方を模索する。
  • ヘアピンの先にある複合コーナーで、3速を使って走ってみる。
  • 最終コーナーで3速を使ってみる。