タグ「Windows 10」が付けられているもの

新しくなったMicrosoft IMEでユーザー辞書の保存場所を変更

Windows 10 May 2020 Update以降でMicrosoft IME(日本語入力システム)が大幅に変更され、GUIでユーザー辞書の場所を変更する手段が無くなってしまったようです。

ユーザー辞書の保存場所

%AppData%\Microsoft\IME\15.0\IMEJP\UserDict

ユーザー辞書のファイル名

imjp15cu.dic

上記の保存場所にあるユーザー辞書をOneDriveで同期フォルダされるフォルダにコピーしておけば、自動的にバックアップが出来ます。このようにしておけば、Windows 10の初期化や再インストールをした時にユーザー辞書の復旧が簡単に出来ます。

Windows 10で使うショートカットキー

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

OSがWindows 10のパソコンであれば、Winキー+X(エックス)というショートカットキーを知っておくと便利だと思います。

Windows10-001.jpg

Winキー+Xで表示されるメニュー

  • アプリと機能(F)
  • 電源オプション(O)
  • イベント ビューワー(V)
  • システム(Y)
  • デバイス マネージャー(M)
  • ネットワーク接続(W)
  • ディスクの管理(K)
  • コンピューターの管理(G)
  • Windows PowerShell(I)
  • Windows PowerShell (管理者)(A)
  • タスクマネージャー(T) (Ctrl+Shift+Esc)
  • 設定(N) (Win+I)
  • エクスプローラー(E) (Win+E)
  • 検索(S) (Win+S)
  • ファイル名を指定して実行(R) (Win+R)
  • シャットダウンまたはサインアウト(U)
  • デスクトップ(D) (Win+D)

緑色で書いてあるショートカットキーを入力すると、Win+Xを経由せずに直接実行(表示)出来ます。

参考URL : Windows のキーボード ショートカット (microsoft.com)

Windows 10でWindows Updateのプログラムをアンインストール

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

Windows Updateの更新プログラムをインストール後、プリンターで印刷をしようとするとブルースクリーンになるという障害がかなりの数で発生しているようですね。

プリンターの印刷でブルースクリーンを生じさせるバグを加えるのは、2021年3月9日に配布された「KB5000802」ないしは「KB50000808」、「KB50000822」などのWindows Update。報告によると、問題のアップデートを適用した環境で特定のプリンターを使用するとWindows 10がクラッシュし、ブルースクリーン状態に。画面には「APC_INDEX_MISMATCH」というエラーメッセージが表示されるようになるとのこと。

仕事で訪問した先でこの現象を目の前で見ましたが、印刷ボタンをクリックした直後にブルースクリーンの画面になっていました。引用文にあるAPC_INDEX_MISMATCHという文言とリコー製プリンターを使用していたので、すぐに原因がわかりました。

原因となっているUpdateプログラム(KB5000802、KB50000808、KB50000822)をアンインストールすれば、回避できるという事なのでその旨のアドバイスをしました。

イベントログにDCOM(イベントID 10016)の警告メッセージが記録される

久しぶりにWindows 10のイベントログを見てみたら、DCOMのイベントID 10016の警告メッセージが記録されていました。

event-10016.png

コンピューターの既定 のアクセス許可の設定では、CLSID
{C2F03A33-21F5-47FA-B4BB-156362A2F239}
および APPID
{316CDED5-E4AE-4B15-9113-7055D84DCC97}
の COM サーバー アプリケーションに対するローカルアクティブ化のアクセス許可を、アプリケーション コンテナー Microsoft.Windows.ShellExperienceHost_10.0.19041.610_neutral_neutral_cw5n1h2txyewy SID (S-1-15-2-*****) で実行中のアドレス LocalHost (LRPC 使用) のユーザー COSMOS\toshi SID (S-1-5-21-*****) に与えることはできません。このセキュリティ アクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使って変更できます。

【Windows 10】 Windows 10 Fall Crators Update

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

自宅のパソコンで、Windows 10 Fall Crators Updateがダウンロード可能になっていました。ダウンロードは少し時間がかかりましたが、問題なく完了しました。しかし、「更新プログラムをインストールする準備をしています」というメッセージが表示され、62%まで進んだところで停止してしまいました。再試行したら停止することなく進みました。

Windows_10_Fall_Crators_Update.png

インストールする準備が完了すると、画面右下に目立つように大きなメッセージウィンドウが表示されました。すぐに再起動できる状況だったので、ウィンドウ内の「今すぐ再起動」をクリックして、インストールを実施しました。

更新プログラムのインストールが問題なく完了し、その後も使用上の不具合などは、今のところ発生していません。

【Windows 10】 Microsoft Edgeの「常にすべてのタブを閉じる」の設定

複数のタブを開いている状態でMicrosoft Edgeを終了させると、

MicrosoftEdge-6.png

このようなメッセージが表示されます。

「常にすべてのタブを閉じる」にチェックを入れて、「すべて閉じる」をクリックすると、以後、このメッセージは表示されなくなります。

【Windows 10】 時刻の同期をバッチファイルで実行

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

Windows_Time.png

Windows 10では、時刻の同期をスケジュールに従って、自動的に実行するように設定されています。

手動で同期するには、以下のどちらかの手順を実施する必要があります。

  • GUIで実行するパターン:コントロールパネルの「日付と時刻の設定」→「インターネット時刻」タブ→「設定の変更」→「今すぐ更新」を実行。
  • コマンドで実行するパターン:コマンドプロンプトでサービスを起動させてから、同期のコマンドを実行。

どちらにしても少々面倒なので、バッチファイルを作成してみました。

【Windows 10】 Microsoft Edgeの拡張機能

Windows10-AnniversaryUpdate.jpg

Windows 10 Anniversary Updateがやっと自宅のPCに適用されました。不具合等が色々とあったようなので、Windows Updateで自動ダウンロードされるまでには、修正されているだろうと放置していたのですが、だいぶ日数が経ってしまいました。

今のところ不具合なく普通に使用できています。

Update適用後、Windowsにログインすると程なくして、Norton 360のアップデートがあり「再起動が必要」というメッセージが表示されました。もしかするとAnniversary Updateで大幅に変わった事への対応だったのかもしれません。他のセキュリティ対策ソフトでも同様の事があるかもしれませんので、Anniversary Update適用後は、セキュリティ対策ソフトが正常に起動されているのを確認した方が良いと思います。

Windows 10 Anniversary Updateを含めたWindows 10の更新履歴は、マクロソフトのサイトにあるWindows 10 の更新履歴のページを参照してください。

【Windows 10】 Microsoft Edgeが起動しなくなった

Windows 10のタスクバーにあるMicrosoft Edgeのアイコンをクリックしても起動せず、そのまま数分待っていたらアイコンが消えてしまいました。スタートメニューを開いてみると、「よく使うアプリ」「最近追加されたもの」の項目自体が無くなっていました。

検索してMicrosoft Edgeをクリックしても、何の反応がなく起動しない状態です。ひとまずインターネットで検索したいので、Internet Explorerを検索しクリックしてみると、こちらは何事もなく普通に起動しました。

検索してたどり着いたのが、Windows 10 のスタート メニュー、Microsoft Edge 、設定、通知などが応答しない場合の対処法です。

自宅PCのマザーボードをASUS H170-PROへ変更

自宅で使用しているPCが、時々ですが不安定にな状況になるようになってきました。使用しているマザーボード(ASUS P8Z68-V PRO)やCPU、メモリーが購入から4年程経過しているので、経年劣化ということだと思います。

新しく購入したパーツは、以下の三つです。

  1. マザーボード : ASUS H170-PRO
  2. CPU : Intel® CORE i5-6500 (第6世代/Skylake)
  3. メモリー : Crucial DDR4 2133 MT/s (PC4-17000) 16GB Kit (8GBx2) (CT2K8G4DFD8213)

ASUS_H170-PRO.jpg

【Windows 10】 イベントID:490のエラーへの対応

イベントログに下記のようなエラーが多く保存されていました。

エラー 2015/09/19 6:52:37 ESENT 490 全般 "SettingSyncHost (5648) {BB2107D0-424F-4A0B-A1C1-F04DED76414E}: 読み取りまたは書き込みのためにファイル ""C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\Windows\SettingSync\metastore\edb.log"" を開こうとしましたが、システム エラー 32 (0x00000020): ""プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。 "" が発生したため開けませんでした。ファイルを開く処理は、エラー -1032 (0xfffffbf8) のため失敗します。"

エラー 2015/09/19 6:52:37 ESENT 455 Logging/Recovery SettingSyncHost (5648) {BB2107D0-424F-4A0B-A1C1-F04DED76414E}: ログ ファイル C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\Windows\SettingSync\metastore\edb.log を開いているときに、エラー -1032 (0xfffffbf8) が発生しました。

発生した原因は不明ですが、[Windows 10] SettingSyncHostのエラー・イベント ビューアーに複数のエラーログ - マイクロソフト コミュニティを参照し、対応することで解決したようです。

パソコンで目覚まし時計みたいなことをしてみる

Windows 7のパソコンが、目覚まし時計替わりになるかな?という実験を兼ねた記事です。

使用するのは、Windows 7の標準機のであるタスクスケジューラとWindows Media Playerです。

  1. 予めWindows Media Playerで再生リストを作成しておきます。例として、「自動再生リスト(music)」という再生リストを作成しました。
  2. コマンドプロンプトを開いて、C:¥Program Files¥Windows Media Playerに移動します。
  3. 以下のコマンドを実行して、Media Playerが起動し、再生リストが再生されるかを確認します。
    wmplayer.exe /play /close "C:¥Users¥[ログオンユーザー]¥Music¥Playlists¥自動再生リスト(music).wpl"
    (wmplayer.exeのコマンドラインオプション「/close」は、最近のWindows Media Playerでは無効となっているようです。)
  4. 確認が出来たら、タスクスケジューラを起動します。
    スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→タスクスケジューラ
  5. 右ペインにある「タスクの作成...」をクリックします。
    task-1.png

GodMode - Windows 7の隠し機能

Windows 7になってコントロールパネルの使い勝手が悪くなったように思っていたので、この機能を使いこなせば便利になるかなぁ・・・と最初は思ったのですが、あまり使い勝手は良くなっていないような?。

「GodMode」以外にもあった「Windows 7」の隠し機能--マイクロソフト幹部が自ら公開:ニュース - CNET Japan

GodModeを使う方法。

  1. デスクトップ上で右クリック→新規作成→フォルダーとクリックします。
  2. フォルダー名を
    GodMode.{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}
    とします。GodMode.の部分は任意の名前で構いません。

設定して色々と試してみますが、駄目だと思ったらサクッと止めると思います。

2011-08-18.png