タグ「studless tire」が付けられているもの

スタッドレスタイヤへ交換

  • 投稿日:
  • 更新日:
  • カテゴリ:
  • タグ:

vab_075.jpg

天気予報で連休中に雪が降る可能性があるという事なので、ちょっと遅くなった感はありますが、WRX STIのタイヤをスタッドレスタイヤへと交換しました。

使用した工具

  • KYB シザーズジャッキ
  • クロスレンチ
  • トルクレンチ
  • エアゲージ
  • 電動式空気入れ(シガーソケットから電源を取るタイプ)

のんびりと作業したので、1時間ぐらいで交換作業は完了しました。

ラジアルタイヤに戻す時の為、白いガムテープをタイヤに貼り付け、着けていた場所(フロント右とか)をマジックで書いておきました。白の油性ペンがあれば、タイヤのサイドウォールに書いてしまっても良いと思います。

スタッドレスタイヤ(DUNLOP WINTER MAXX 01)

WINTER_MAXX_01.jpg

東京でかなりの積雪があったこともあり、久しぶりにスタッドレスタイヤ(DUNLOP WINTER MAXX 01)を購入し、SUBARU WRXに装着しました。タイヤサイズは、純正タイヤと同じ245/40R18です。

購入したのは、自宅近くのタイヤ&ホイール館 フジ(Fuji Corporation)です。タイヤ1本が約2万5千円でしたので、18インチのスタッドレスタイヤとしては、最安値に近い値段だと思います。もっと安い海外ブランドのスタッドレスタイヤもあると思いますが、性能的に信頼できるメジャーブランドの物しか選択対象にありませんでした。

「アルミホイールも同時に購入したら割安になる」とお勧めされましたが、取り急ぎ、スタッドレスタイヤを装着したかったので、純正アルミホイールのままで、純正タイヤからスタッドレスタイヤへ交換してもらいました。(純正タイヤは、まだ山が十分にあるので持ち帰りました。)

「メーカー指定の空気圧に調整しました」ということでしたが、所有しているエアゲージで確認してみたら、0.2~0.3kPaぐらい高くなっていて、タイヤ4本の空気圧がバラバラな状態でした。窒素ガスではなくて、普通の空気を入れてもらったので、あまりシビアに空気圧を調整しなかったのかな?。