WRX STI (VAB)オートレベライザーの初期化(リセット)

WRX STI (VAB)には、乗車人数が多いなどの理由で車高が下がった時、ヘッドライトの光軸を自動調整する機能(オートレベライザー)があります。

車高調に交換するなどして車高を下げた場合、左後ろにあるオートレベライザーのセンサーが、車体が後ろ下がりになったと誤認識してしまいます。それに加えて、前下がりの状態になってしまっていると、更に近く(手前)しか照らさなくなってしまいます。そのような状態になってしまった場合、オートレベライザーの初期化(リセット)を実施してみる事をお奨めします。

初期化をしても駄目だった場合、車高の前後バランスを変えるか、アジャストロッドに交換するか、対処方法を検討してみてください。

オートレベライザーの初期化準備。

  • ガソリンを満タンにする。
  • タイヤの空気圧を適正な値に調整する。
  • 重たい荷物を全て降ろす。
  • 平坦な場所に停める。
  • 1名乗車で実施する。

オートレベライザーのセンサーを初期化する手順。

  1. プッシュエンジンスイッチを2回押してイグニッションオンにする。
  2. 10秒以内にヘッドライトスイッチのOFF→ONを5回繰り返す。
    ONの5回目でその状態を保持。
  3. ヘッドライトの光軸が下がった後上がる。
  4. 光軸が上がった事を確認したら、30秒以内にイグニッションオフにする。
  5. プッシュエンジンスイッチを2回押してイグニッションオンにする。
  6. 10秒以内にヘッドライトスイッチのOFF→ONを5回繰り返す。
    ONの5回目でその状態を保持。
  7. ヘッドライトの光軸が下がった後上がる。
  8. メーターパネル内左下にあるインジケーターが3回点滅後消灯する。
  9. インジケーターが消灯後、30秒以内にイグニッションオフにする。

初期化作業時の動画

【SUBARU WRX STI (VAB)】 オートレベライザーの初期化 (YouTube)

【Amazon】

クスコ ( CUSCO )【オートレベライザーアジャストロッド】(スーパーショート) 00B 628 C