WRX STI 商談→発注

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

20161007.jpgのサムネイル画像

この時点で乗っているクルマ(インプレッサ WRX STI(GDBF))からWRX STIに乗り換えることを決めたので、担当の営業さんと具体的な商談をすることに・・・。この日は、任意保険の手続きがメインで、「乗り換えることを決めました」と言っておこうという、軽い気持ちでディーラーに行ったのですが、いつの間にか、そのまま商談という流れになっていました(^^;。

乗り換える事に決めた理由は、試しに下取りの査定をして貰ったら、思っていた以上の査定額が出たことが、正直言ってかなり大きいです。中古車市場でGDBFが200万円以上で売られているので、それなりの下取り価格何だろうとは思っていたのですが、先にも書きましたように自分が思っていたよりもかなり良い金額でした。

WRX STIを購入するにあたって、STIとSTI Type Sのどちらにするのか?というのが、最初に悩むところだと思います。エンジンの性能などのクルマとしての基本的な部分は、どちらのグレードも変わらず同じなので、ビルシュタインのダンパーとか、BBSのアルミホイールといった付加価値が欲しいかどうかで決めることになると思います。車に慣れてきたら、ビルシュタインだろうがKYBだろうが、標準装備のダンパーに対する不満は出てくると思います。そうしたら、車高調に交換するでしょうからKYBので十分かな・・・と。

BBSのアルミホイールは、確かな物なのはわかりますが、純正ホイールから交換するのであれば、インセットとかリム幅を変えたいです。そういうわけで、お金に余裕が出来たらアフターパーツの物を購入すると思います。

大型リアスポイラーは、不要だと思いまして、リアスポイラーレスにしました。リアバンパーのデザインからすると、リアスポイラーがあった方がデザイン的にバランスが良いのかもしれませんが、無くてもそんなに格好悪くないと個人的には思っています。とはいえ、後から欲しくなって、GTウィングとかつけてしまうかもしれません(^^;。

そんな感じで悩んだり考えたりした結果、STIを選択しました。

色は、何故かちょっとお高いクリスタルホワイト・パールです。生粋のスバリストならWRブルーなのでしょうが、私はそういう人でもないですし、GC8、GDBとホワイトに乗ってきたので、なんとなくその流れで・・・。

メーカー装備オプションで、オールウェザーパックというのがあり、スーパーUVカットフロントドアガラスというのが地味に効果ありそうなので選択しました。オールウェザーパックを選択すると、セットオプションとなっているウェルカムライティングは、不要だったんですけどね(・・;)。
それから、ウェルカムライティングをつけるとサテンメッキドアミラーになってしまうんですよね。どうしても気になるようなら、カバーをつけて対処するかもしれません。

ベースキットは、不要な物ばかりなので、フロアカーペットのみの選択です。営業さんとしては、ベースキットをつけて欲しかったようです(^^;。

ナビは、渋滞情報がわかって、何かあった時に地図として機能してくれれば良いので、どんな物でも良かったのですが、地図データの無料更新期間が長いパイオニアのサイバーナビにしてみました。

決まった内容で再度見積もりを出すと、私の予算を少しオーバーする金額でした。そのことを営業さんに話すと、営業さんは席を外し裏の方へと行きました。
私は、「どれぐらいまで下がるのかなぁ」と思いつつ待っていました・・・。

戻ってきた営業さん「本日、注文書にハンコを押してもらえるなら○○○万円です。」(この○○○万円は、下取りを引いた私が支払う金額です。)
予算内に収まったし、あまりごねたりするのも面倒なので、「それでお願いします。」と返答し、注文書にハンコを押しました。

12月初旬に生産となり、早ければ年内、少し延びたら年明けに納車ということだそうです。

たいしたことではありませんが、GC8F→GDBFとF型を乗り継いできたのが、これで途絶えてしまうのがちょっと残念かも?(^^;。