WRX STI(VAB)のヒルスタートアシストについて

VAB_003.jpg

SUBARU WRX STIには、坂道発進をサポートするヒルスタートアシストという機能があります。試乗した時に担当の営業さんから、ディーラーで解除出来ると聞いていたので、てっきり自分では解除できないものだと思っていました。

しかし、取扱説明書(5-40~)を読んでみたら自分でも解除出来ることがわかりました。

以下、取扱説明書からの引用です。

次の場合、ヒルスタートアシストは作動しません。

  • パーキングブレーキをかけたとき
  • プッシュエンジンスイッチをACCまたはOFFにしたとき
  • ヒルスタートアシスト警告灯が点灯したとき(ヒルスタートアシスト機能OFFも含む)
  • 上り坂で後退するとき(チェンジレバーが“R”のとき)
  • 下り坂で前進するとき(チェンジレバーが“R”以外のとき)

(取扱説明書は、スバルの取扱説明書ダウンロードのページから、pdfファイルのものをダウンロード可能です。)

今までの癖で急な坂では、パーキングブレーキをかけています。その為、急な坂ではヒルスタートアシストを作動させずに発進しています。

これまでの経験で、「パーキングブレーキをかける必要はない」と判断した坂道において、ヒルスタートアシストが作動した場合の慣れが必要だと思います。クラッチを繋いで発進する時に、ヒルスタートアシストのブレーキが効いている為、若干もたつくような状況に違和感を感じるので、それに慣れる必要があるということです。

パーキングブレーキを使うことが苦ではないので、慣れない用であれば機能をOFFにするかもしれません。でも、機能をOFFにした時のヒルスタートアシスト警告灯が点灯というのは、ちょっと気になるというか目障りかもしれません。