HKS Flash Editor

VAB_037.jpg

実は、HKS Flash Editorをだいぶ前に購入して使用してます。

ショップでECUを書き換えてもらう事も考えていましたが、色々と考えた結果、購入することに決めました。

HKS Flash Editorを購入する前に考えたりしたことです。

  • HKS Flash Editorを使用している人は、それなりに居ると思われますが、これが原因で壊れたという話は聞かないので、そういう面では安心して使用できるだろうと思いました。(広く販売されている物なので、その分マージンを大きくとった内容になっているのでしょう。)
  • サーキット走行をしたくてスピードリミッターをカットしたくても、最近の電子制御が複雑な車の場合、それだけでも結構な金額の費用が掛かってしまいます。
  • パワーライター店からの要望によって、インジェクター交換などのような市販のFlash Editorで対応出来ないケースにも対応できるように、プログラムの追加がされているようです。(大がかりなチューニングをする予定は今のところありませんが、そうなった場合でも純正ECUを使って対応出来る方が安心感があるかな?と思っています。)

後付けで電子制御系のパーツをつけるのは、トラブルが増える原因にもなるので、極力避けたいという考えもあります。

使用してみての感想です。

  • アクセルペダルの踏み込み量に対するエンジンの反応が、純正よりも自然な感じで扱いやすくなったと私は感じました。symsのAIR INDUCTION BOXを取り付けていますが、エアフィルターは純正形状を使用しているので特に不具合は発生していません。
  • 現状、純正マフラーを使用しているので、社外のマフラーに交換したらもう少しスムーズになって良くなるような気がします。

VABには、速度センサーという物が無く、ABSセンサーでホイールの回転数を取得して速度を計算しているようです。

【Amazon】HKS フラッシュエディター WRX STI CBA- VAB EJ20(ターボ) 14/08- 42015-AF104

関連記事